▼AdMax1


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

セル結合の解除/Excel2007

▼0621B▼↓


セル結合の解除/Excel2007

画像▼クリックで拡大ができます…セルの結合解除/Excel2007↓


セルの結合解除/Excel2007

(1)セルの結合↓
今回は、「セルの結合」の方法をまとめてみました。

●結合したいセルの選択→「ホーム」タブ→「配置」グループの「セルを結合して中央揃え」ボタンでセルの結合ができます。または、結合したいセルの選択→「右クリック」で表示される「ミニツールバー」の「セルの結合」ボタンでも可能です。↓
●結合されたセルを選択し、再度、上記のボタンを押すと結合が解除されます。つまり、ボタンを押すたびに、「結合」と「解除」を繰り返します。↓

(2)結合セルの並び替え、オートフィル、データーの貼り付け↓
●結合形式が同じセルではオートフィルが可能ですが、結合形式が異なるセルではオートフィルができず、エラーが表示されます。同様にセルの並び替えやデーターの貼り付けも異なる結合様式の場合、エラー表示になります。つまり、結合形式が異なるセルの間では並び替え、貼り付け、オートフィルができません。↓
形式の異なるセルの結合の混在は、セルのデータの修正がしにくくなるので注意が必要です。表のデータ入力が完成した段階で必要なセルを結合する方法をおススメします。但し、セルの結合をした場合には、左のデータ以外は削除されるので注意が必要です。↓

(2)セルの結合の解除↓
結合したセルの選択→「ホーム」タブ→「配置」グループの「セルを結合して中央揃え」▼ボタン→「セル結合の解除(U)」→結合の解除でセルの並び替えや、オートフィルなどが可能になります。※結合セル選択→「セルを結合して中央揃え」ボタンでも解除できます。結合を解除した場合、最も左のセルにデータが残ります。↓
また、同じセル結合の形式に揃えても、オートフィルが可能になります。↓

(3)「クイックアクセスツールバー」の利用↓
「クイックアクセスツールバー」に「セルの結合」ボタン追加して直接に利用することも可能です。ボタンの追加方法は、「セルの結合」ボタンの右クリックで表示されるメニュー「クイックアクセスツールバーに追加(A)」を選択することで「クイックアクセスツールバー」にボタンが追加されます。↓
他のボタンもこの方法で「クイックアクセスツールバー」に追加できるので、利用頻度の高いボタンを活用できます。ボタンを「ツールバー」から削除する場合は、ボタンの右クリックメニュー…「クイックアクセスツールバーから削除(R)」で「ツールバー」から削除できます。↓


画像▼クリックで拡大できます…「配置」グループの操作↓


画像▼クリックで拡大ができます…Excel2007の画面構成↓



●関連記事を紹介します。↓
リンク▲リボン「ホーム」タブ(2)/Excel2007
リンク▲「配置」グループ/Excel2007
リンク▲文書を並べて表示/Excel2007
リンク▲ワークシート操作/Excel2007
リンク▲クイックアクセスツールバー/Excel2007
リンク▲検索と置換の応用(2)/Excel2007
リンク▲検索と置換/Excel2007
リンク▲画面表示/Excel2007
リンク▲セル結合の解除/Excel2007
リンク▲半角変換…ASC関数/Excel2007

●本ブログ内の関連記事の紹介をします。…Googleブログ「ひろくんのグーグル散歩」より↓
リンク▲Office2007(エクセル)操作法…関連記事の一覧が表示できます。
リンク▲ラベル【オフィス2007】記事…最新記事の表示ができます。

▲0621B▲↓
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ブログ内検索
▼翻訳ツール
▼AdMax1
最近の記事
リンク
▼電脳ショップ
▼電脳
[stmx] - ソーシャルマーケットプレイス
[stmx] - ソーシャルマーケットプレイス
[stmx] - ソーシャルマーケットプレイス
[stmx] - ソーシャルマーケットプレイス
月別アーカイブ
カテゴリー
▼Amazon
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
2529位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
310位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。