▼AdMax1


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

セル結合/解除>>EXCELのマクロ

▼画像(1)↓

▼0623(08)▼↓

▼【セル結合/解除】↓
▲EXCELのマクロ


▼A-1)複数セル結合を解除する。・・・↓
●セル結合ボタンは通常利用できますが、【セル結合解除】はセルの右Cl/【書式設定】→【配置】タブの結合の□のチェックを外す。この方法は煩雑なので、ボタンひとつでこの操作ができる方法があります。下記のA-1)のように、VBA【マクロボタン】を利用する可能です。↓
●他にも、ツールバーの【ユーザー設定】で【新規ツールバー】を作成し、【セル結合解除】ツールボタンのドラッグでツールアイコンを作成する方法もあります。↓

▼A-2)中の文字ごと複数セルを結合する。・・・↓
●例えば、3個の各セルに文字列データがある場合、セル結合すると先頭のセルの内容が優先されます。(2から3番目の他の2個のセルの内容は消去されてしまいます。)1から3番目の全てのセルの内容を全て繋げて残し、セルを結合ができるのがA-2)のVBA【マクロボタン】です。
●逆に、【データー】/【区切り位置】→設定ダイアログの表示で、空白(Space)やカンマ(,)で区切られた文字列を空白(Space)/カンマ(,)の【区切り位置】で複数セルに分割することもできます。↓




'▼A-1)マクロの開始+-----+
'▼1)複数セル結合を解除する。
'▼a_セル結合解除▼ Macro名▼
Sub a_セル結合解除()
'
'▼1)選択範囲の.セル結合を解除する。
Selection.UnMerge
End Sub
'▲マクロの終了+-----+





'▼A-2)マクロの開始▼+-----+
'▼1)中の文字ごと複数セルを結合する。
Sub a_セル結合()
'▼1)選択したセルの文字を
'   結合して変数「文字」保管する。
For Each セル In Selection
 文字 = 文字 & セル.Value
 Next
'▼2)選択セルのデーターを消去する。
 Selection.ClearContents
'▼3)選択セルを結合する。
Selection.Merge 
'▼4)変数「文字」に保管した文字を
'   選択セルに入れる。
Selection.Value = 文字
'▲マクロの終了▲+-----+
End Sub





▲0623(08)▲
スポンサーサイト

テーマ : ソフトウェア
ジャンル : コンピュータ

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索
▼翻訳ツール
▼AdMax1
最近の記事
リンク
▼電脳ショップ
▼電脳
[stmx] - ソーシャルマーケットプレイス
[stmx] - ソーシャルマーケットプレイス
[stmx] - ソーシャルマーケットプレイス
[stmx] - ソーシャルマーケットプレイス
月別アーカイブ
カテゴリー
▼Amazon
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
3172位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
374位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。