▼AdMax1


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▼【左右整列/枠線表示】▲EXCELのマクロ

▼0618(08)▼↓

▼【左右整列/枠線表示】↓
▲EXCELのマクロ


●マクロ例(1)・・・●マクロは「VBE」ツールでVBAの閲覧/編集/修正ができます。次の茶色の部分がVBA(コード)です。VBEの【コード窓】へ【Copy/貼付】することで、マクロとして利用できます。↓
●【新しい窓を開く】→窓の【左右整列】表示で、同一ブック内の異なる2シートを同時に窓表示できます。窓:1と窓:2が左右に並んで表示されるので、窓:2を閉じて窓:1を最大化すれば、通常の画面に戻ります。↓

(1)-----------↓


'●Module名:【Md1_洋_A】
'
'●(’)を付ける→説明文(コメント)
'▼マクロ内容:【新窓開く】→【左右整列】▼+--+↓
'▼マクロの名前/マクロ開始↓
Sub A_左右整列窓_A
'↓
'▼マクロの本体
 ActiveWindow.NewWindow 
'▲現在のアクティブ窓/の新しい窓開く
 Windows.Arrange ArrangeStyle:=xlVertical
'▲窓/の整列→整列形式:=xl左右
'↓
End Sub  '▲マクロの終了-----+


●マクロ例(2)・・・●「Not」命令の意味は、「~でない」→(例)「Not True」は「False」と同じになります。(True:真/False:偽)↓

(2)-----------↓


'▼内容(コード):【枠線表示】⇔【枠線非表示】▼+--+↓
'▼マクロの名前/マクロ開始↓
Sub 枠線切り替え()
'
ActiveWindow.DisplayGridlines = Not ActiveWindow.DisplayGridlines
'▲アクティブ窓の/枠線表示 を 直前の状態の逆にする。
'▲【対象.属性=値】→「右辺の値を左辺にセット(代入)する。」
'
End Sub  '▲マクロの終了-----+


スポンサーサイト

テーマ : ソフトウェア
ジャンル : コンピュータ

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブログ内検索
▼翻訳ツール
▼AdMax1
最近の記事
リンク
▼電脳ショップ
▼電脳
[stmx] - ソーシャルマーケットプレイス
[stmx] - ソーシャルマーケットプレイス
[stmx] - ソーシャルマーケットプレイス
[stmx] - ソーシャルマーケットプレイス
月別アーカイブ
カテゴリー
▼Amazon
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
2309位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
293位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。