▼AdMax1


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

座標●AutoCAD

<++++++++++++>
▼AutoCADの画面↓

▼AutoCADの座標設置方法↓


▼0531(08)▼+++++▼atc01↓

●【座標】AutoCAD


●「AutoCAD LT 入門者の自習室」←お薦めサイト!!です。▼初心者でも分かり易く解説されています。↓
▲ http://cad.dee.cc/ 【自習室】へリンク

●AutoCADの座標設定について→AutoCADを利用する場合、【数学座標】を理解することは正確な図面を描く上で大切なことです。▼座標設定について確認してみます。

●【ポイント】相対/絶対座標、角度(60進数/10進数)、デカルト/極座標
●AutoCADの座標(数学座標)での作図について(hD:水平距離/vD:垂直距離/S:(斜)距離/A:角度)↓

1)●デカルト座標(X,Y)=(水平距離,垂直距離)=(hD,vD)、または極座標(距離<角度)=(S<A)で座標位置(点の位置)が指定できます。横方向がX軸で、縦方向がY軸です。【数学座標】↓
※注意:「<」記号はCAD入力の場合、半角英数文字です。コマンド指示・数値入力は必ず「半角英数字」で入力してください。

2)●また、AutoCADの点の位置には、【絶対座標】(X,Y)と、【相対座標】(@X,Y)があります。絶対座標は【原点(0,0)からの(X,Y)=(hD,vD)または(S<A)】で、相対座標は、(@X,Y)または(@S<A)で、【最後に入力した点からの距離/角度】で指定します。▲(例)投稿画像を参考にしてください。↓

●AutoCADでは【極座標】の時、角度の左(反時計)回りが正の方向で、(-)符号を付けると右(時計)回りの角度に修正できます。地形図などでの【測量座標】の極座標(トラバース座標)は、角度が右回りで、北がX座標の(+)方向で、東がY座標の(+)の方向になります。→※【測量座標】の点を図面に落とすときは、角度に(-)符号を付けて、XYの座標値を逆にする必要があるので注意してください。↓

●また、角度は【60進数】の度分秒=30d25'40.3"の場合は、【10進数】角度では、30.42786になるので注意が必要です。AR_CADやJw_CADの場合10進数角度の入力しかできないので、°’”(60進数)形式のものを関数電卓/Excel等で10進数角度に修正する必要があります。AutoCADの場合、【d’”】の角度形式を利用すれば、60進数角度での入力が可能です。また、AutoCADは【実寸大の図面】を描くのが基本なので長さ(距離)の単位はmmで計算して図面の作図を行ってください。後で図面を利用したり、他の人に図面を渡すことを考えても【実寸大の図面】で統一したほうが混乱がありません。↓

▼次の、AutoCADに関するウェブページを参考にしてください。↓
●1)【コマンド入力】AutoCAD
●2)【AutoCADの図面設定】
●3)【図面作成ソフト(A)】
●4)【AutoCADとエクセルの相互利用 】
●5)【Auto_CADの活用●エイリアス 】
●6)【AutoCAD(略Atcad)の活用 】

▲+++++▲↓
▼0530(08)▼+++++▼atc01↓

●【コマンド入力】AutoCAD


●「AutoCAD LT 入門者の自習室」←お薦めサイト!!です。▼初心者でも分かり易く解説されています。↓
▲ http://cad.dee.cc/ 【自習室】へリンク

●AutoCADは【コマンドライン】(下部のコマンド入力Box)への【コマンド入力】(命令文)と表示される【プロンプト】(応答文)に対する応答で作業が進みます。コマンドを覚えていくとAutoCADの理解が深まります。下記に一覧表があるので参照してください。↓

●例えば、CIRCLE(円)コマンドを入力すると→↓
円の中心を指定 または [3点(2P)/3点(2P)/接、接、円(TTR)]  」
のように【プロンプト】が表示されます。【オプション】(中心指定/2P/3P/TTR)を選択して、応答文と対話しながら操作していきます。【[F2]ファンクションキー】を押すと、別テキストウィンドウの形で【コマンドヒストリ】(コマンド履歴)が表示されるので、実行したコマンドを確認するように心がけるとコマンドの利用法がより理解できると思います。

●コマンドは、英会話のようにAutoCADと対話しながら操作を進めることができます。コマンドは簡単な英単語で構成されているので、コマンドラインを確認しながら作図する習慣に心がけるとAutoCADをより深く理解できると思います。会話を楽しむ感じで操作をしてください。さらに、エイリアスをマスターすれば作業能率のアップにつながります。(※コマンドのエイリアスとは、コマンド名全体を入力する代わりにコマンド ラインに入力する省略形のことです。)↓

●また、コマンドラインの右クリックで【最近使用したコマンド】のリストが表示されるので、利用すると便利です。

●コマンドの実行方法には次のようなものがあります。↓

1)●メニュー、ツールバー、ステータス バー、ショートカット メニューから、コマンド名をクリックします。↓

2)●コマンド プロンプトに対してコマンド名またはコマンドのエイリアスを入力し、[Enter]または[Spacebar]を押します。 ↓

●上記の2)の場合の入力コマンド名です。よく利用するものを一覧表にしてみました。↓
●▼(ABC順)覚えたいコマンド(●特によく利用するもの)↓
●AutoCADのレファレンスから→Ctrl+(A)で全て(All)選択→(Ctrl+(C))でCopy→(Ctrl+(V))で貼り付けで引用したものから、使用頻度の高いものをピックアップしました。但し、メニュー、ツールバーから容易に選択できるものは、省略されたものもあります。↓

●ARC[円弧]     
○AREA[面積計算]
○BREAK[部分削除]   
●CHAMFER[面取り]
●CIRCLE[円]
●COPY[複写]
○CUTCLIP[切り取り]
○DDEDIT[文字編集 D]
○DIMALIGNED[平行寸法記入]
○DIMANGULAR[角度寸法記入]
○DIMDIAMETER[直径寸法記入]
○DIMLINEAR[長さ寸法記入]
○DIMORDINATE[座標寸法記入]
○DIMRADIUS[半径寸法記入]
○DIST[距離計算]
○DIVIDE[ディバイダ]
○DLINE[2 重線]
○DONUT[ドーナツ]
●ELLIPSE[楕円]
●ERASE[削除]
●EXPLODE[分解]
●EXTEND[延長]
●FILLET[フィレット]
●FIND[文字検索]
○GROUP[オブジェクト グループ設定]
●HATCH[ハッチング]
●ID[位置表示]
○LEADER[引出線記入]
●LENGTHEN[長さ変更]
●LIMITS[図面範囲設定]
● LINE[線分](L)
●LIST[オブジェクト情報]
●LTSCALE[線種尺度]
○LWEIGHT[線の太さ]
●MEASURE[メジャー]
●MIRROR[鏡像]
●MOVE[移動]
●MTEXT[マルチ テキスト]
○MULTIPLE[繰り返し操作]
●OFFSET[オフセット]
○PASTECLIP[貼り付け]
●PLINE[ポリライン]
●POINT[点]
●POLYGON[ポリゴン]
○PROPERTIES[オブジェクト プロパティ管理]
○QSELECT[クイック選択]
●RECTANG[長方形]
●ROTATE[回転]
●SCALE[尺度変更]
●SPLINE[スプライン]
●TEXT[文字記入]
●TRIM[トリム]
●UNITS[単位管理]
●ZOOM[ズーム]

▲+++++▲↓

スポンサーサイト

テーマ : ★★おすすめ♪★★
ジャンル : ブログ

コメントの投稿

非公開コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブログ内検索
▼翻訳ツール
▼AdMax1
最近の記事
リンク
▼電脳ショップ
▼電脳
[stmx] - ソーシャルマーケットプレイス
[stmx] - ソーシャルマーケットプレイス
[stmx] - ソーシャルマーケットプレイス
[stmx] - ソーシャルマーケットプレイス
月別アーカイブ
カテゴリー
▼Amazon
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
1410位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
189位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。