▼AdMax1


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ビートルズの魅力

▼0516▼(修正A)

ビートルズの魅力の世界

●「【Beatles】のすばらしさを改めて確認することができればいいな」というテーマを基にこのウェブページを作成しました。皆さんも、【Beatles】の世界に浸ってみてください。インターネットであれば彼らの動画を閲覧したり、歌詞の検索が可能です。言葉で説明するより、実際に彼らの映像や演奏、歌詞に触れることで彼らの魅了を、もう一度再確認することができると思います。

1)ウェブ百科事典で【ウィキペディア】について調べてみよう。ビートルズについての詳しい解説を閲覧できます。↓↓
リンク▲ウェブ辞典【ウィキペディア】で「ビートルズ」の検索

2)You Tubeで【ビートルズ】の動画を検索してみよう。↓
【Tube365】は、アーティスト/曲名/ランキングから洋楽の曲(歌詞)の検索ができます。(但し、英語名入力です。例: " The Beatles "で検索できます。)「ビートルズ」以外のアーティストも検索できるので便利です。皆さんのお気に入りに追加してみてください。↓
リンク▲洋楽検索の【Tube365】

●【The Beatles】(ビートルズ)の曲名一覧表から彼らの動画と歌詞へリンクできます。但し、曲名が英語名なので、ウェブ上で聴きたい【曲の英語名】を調べておいてください。また、曲数が多いので右□枠内の【The Beatlesの人気曲一覧を見る】 ボタンをクリック選択すると曲の絞り込みができます。↓
リンク▲【Tube365】の【The Beatles】の検索項目

●【You Tube Japan】日本語入力での検索もできます。【(ザ・)ビートルズ】などの日本語で検索可能です。
リンク▲【You Tube Japan】へリンク

●Yahoo!で、【The Beatles】(ザ・ビートルズ)の歌詞の検索ができます。
リンク▲【Yahoo! MUSIC】の「ザ・ビートルズ」の歌詞検索

●【The Beatles】(ザ・ビートルズ)の歌詞の検索(Lyrics)ができます。↓
リンク▲【LyricsDomain】discover the songs you love の「ザ・ビートルズ」の歌詞

●【The Beatles】(ザ・ビートルズ)の歌詞の和訳の検索(なつメロ英語)ができます。↓
リンク▲【なつメロ英語】で「ザ・ビートルズ」の歌詞の和訳


●ビートルズが創造した独自の音楽の世界は、イギリスだけでなく、世界中の国々の現在までのポピュラー音楽の進化に大きな影響を与えてきたように思います。ビートルズを目指し音楽を志したり、彼らの音楽を手本にした人も多いでしょう。次に代表的なビートルズの曲を紹介します。↓

●【let it be】↓
リンク▲【let it be】の動画検索(YuoTubeより)

●【Hey Jude】↓
リンク▲【Hey Jude】の動画検索(YuoTubeより)

●【Ticket to Ride】↓
リンク▲【Ticket to Ride】の動画検索(YuoTubeより)

●【Please Mr. Postman】↓
リンク▲【Please Mr. Postman】の動画検索(YuoTubeより)

●【Hello Goodbye】↓
リンク▲【Hello Goodbye】の動画検索(YuoTubeより)

●【All You Need Is Love 】↓
リンク▲【All You Need Is Love 】の動画検索(YuoTubeより)

●【Help!】↓
リンク▲【Help】の動画検索(YuoTubeより)

●【Yesterday】↓
リンク▲【Yesterday】の動画(YuoTubeより)

●【Don't let me down】↓
リンク▲【Don't let me down】の動画検索(YuoTubeより)


●【The Beatles】(ザ・ビートルズ)が楽しめましたか?お父さんは懐かしいあの日のことを思い出したのでは?若い人でも、音楽の授業で唄ったり、演奏したことのある人もいるのでは?また、テレビやラジオのコマーシャルや番組のBGMなどにもよく利用されるので、彼らの曲を全く知らない人の方が珍しいのでは?と思います。

●本サイトの活用方法として次のようなアイデアはいかがですか?↓

1)学生(社会人)さんたちが、英語の勉強の教材として利用する。今まで途中で挫折した人も、好きな歌で覚えるのなら、気楽に再チャレンジできますよ。最近は、携帯やipod/MP3プレーヤーなどで聴けるので、好きな場所で楽しく英語のレッスンができます。お母様がお子様へ紹介してあげるのもいいかも?ネット上で探せば、フリーの音楽録音ソフトがある(DLできる)のでウェブ上で流れる音楽をMP3形式等に録音変換すれば、無料でMP3ファイルが作成できます。(但し、著作権の問題があるので個人の利用に限ります。)私の場合、※A【♪超録-パソコン長時間録音】を利用しています。Yahoo!検索で※Aの項目でヒットしたので皆さんも試してください。↓

●英語教師や小学校/幼稚等の指導者の方々が生徒/学童たちに英語教育をする場合、教材として利用できます。↓

●もちろん、バンドコピーや弾き語りコピーしたい音楽好きの人たちには、繰り返し聞いたり、任意の箇所から再生してたり、再生に速度を遅くしたりできるのでとても便利です。歌詞カードは洋楽の場合とても便利です。英語などを耳で聴いてコピーすることは、困難なことなので洋楽歌詞がウェブ上から手に入ることは嬉しいことです。また、訳詞を通じて、曲の歌詞の意味を理解することは演奏する場合の感情の表現力に大きく影響すると思います。↓

▲0516▲↓
スポンサーサイト

テーマ : 洋楽
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索
▼翻訳ツール
▼AdMax1
最近の記事
リンク
▼電脳ショップ
▼電脳
[stmx] - ソーシャルマーケットプレイス
[stmx] - ソーシャルマーケットプレイス
[stmx] - ソーシャルマーケットプレイス
[stmx] - ソーシャルマーケットプレイス
月別アーカイブ
カテゴリー
▼Amazon
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
2850位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
334位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。