▼AdMax1


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

折り返して全体を表示する→設定と解除/エクセル2007

オススメ商品の紹介です。どうぞ、ご来店ください。
リンク▲オススメ商品の紹介・・家電/ファッション/母の日/トラベル(楽天am_shop_416a_F2)
リンク▲オススメ商品の紹介・・家電/ホーム/ヘルス/飲料(アマゾンam_shop_416a_F2)

▼0509A▼Excel
画像(1)▼クリックで画像の拡大がdきます。(Bg)↓



折り返して全体を表示する

→設定と解除/エクセル2007


「折り返して全体を表示する」の設定と解除・・・書式のコピー↓

●セル幅より広い文字列を入力した時、自動的に文字列が【折り返して全体を表示する】の設定になる場合があります。しかし、行幅が自動的に広がるので、「折り返し」が不必要な時もあり、【折り返して全体を表示する】の設定を解除しなければなりません。「折り返し」設定の解除の方法には、次のような方法があります。↓

※1)セルの右クリック(clk)→【セルの書式設定】メニュー →設定ダイアログの配置タブ→文字の制御→【折り返して全体を表示する】□をOFFにする。(ONだと「折り返し」設定の実行)↓
※2)セル枠(フィルハンドル)の右ドラグ→メニューの表示 →【書式のみコピー】を選択する。↓
※3)元になるセルのコピー →移動先セルの右クリック→【形式を選択して貼り付け】→【書式のみコピー】する。↓

●※1)の方法だと、右クリックとメニュー選択、ダイアログ設定など、複数の操作が必要なので、目的のセルの「折り返し」設定の解除の回数が多い場合には、大変、時間がかかります。この時、※2)又は※3)の方法で、「折り返し」設定の解除されているセルの【書式だけをコピー】すると簡単に「折り返し」設定の解除ができます。↓
但し、※2)の場合は、元になるコピーセルと、書式変更先のセルが隣接している必要があり、※3)の場合、コピー元と更先のセルが離れていても可能です。↓

上記の方法は、【ハイパーリンク】の解除などにも応用できます。↓

管理人の関連する過去記事の紹介

リンク▲【セル枠やフィルハンドルのドラグでコピーや移動/エクセル2007】・・・Googleブログ(s.x1)より
リンク▲2007エクセルのマクロの有効設定・・・Googleブログ(s.x1)より
リンク▲エクセル2007でのマクロの利用・・・Googleブログ(s.x1)より
リンク▲旧バージョンのメニュー/ツールバーをOffice2007に追加・・・Operaブログ(k2)より
リンク▲Office2007でPDFに変換、保存・・・Operaブログ(k2)より

▼カテゴリー(ラベル)の分類記事↓
リンク▲ラベル【オフィス2007】の内容記事・・・Googleブログ(s.x1)より
リンク▲ラベル【エクセルVBA】の内容記事・・・Googleブログ(s.x1)より
リンク▲ラベル【エクセル、活用、Excel】の内容記事・・・Googleブログ(s.x1)より
リンク▲ラベル【Excel、エクセル】の内容記事・・・Googleブログ(k.x2)より

▲0509A▲↓
スポンサーサイト

テーマ : ソフトウェア
ジャンル : コンピュータ

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索
▼翻訳ツール
▼AdMax1
最近の記事
リンク
▼電脳ショップ
▼電脳
[stmx] - ソーシャルマーケットプレイス
[stmx] - ソーシャルマーケットプレイス
[stmx] - ソーシャルマーケットプレイス
[stmx] - ソーシャルマーケットプレイス
月別アーカイブ
カテゴリー
▼Amazon
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
3452位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
405位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。