▼AdMax1


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

★旧バージョンのメニューをOffice2007に追加

▼0405B▼…

【スペース】…画面単位の下移動(Shift+Space…上移動)↓
【Home】…ページ先頭へ移動(End…ページ最下部へ)↓


旧バージョン「メニュー」タブをOffice2007へ追加★


画像(1)▼クリックで拡大…「メニュー」タブの追加↓


●旧バージョンの「メニュー」や「ツールバー」をOffice2007に無料で追加できる「Office 2007 オールドスタイル メニュー アドイン」を紹介します。↓

「Office 2007」は、基本的に「リボン」で操作できますが、旧バージョンを利用していたユーザーにとっては、目的の操作ボタンが探しづらく、2007の新しいスタイルの利用に不便さを感じている人も多いと思います。↓

こんな場合に、「Office 2007 オールドスタイル メニュー アドイン」をインストールすることで、「Office 2007」の「リボン」に旧バージョンの操作スタイルが利用できる「メニュー」タブが追加され、「メニュー」タブの選択で旧バージョンの「メニュー」や「ツールボタン」の表示できます。対応するOfficeアプリケーションは、「Word/Excel/PowerPoint/Outlook」などで、オフィス全体で「メニュー」タブの利用が可能です。ウェブ上から無料でダウンロードできるので、皆さんも試してみてください。↓

「Office2007」と旧バージョンの利用者が混在する職場や、2007仕様のパソコンを新購入した旧バージョンのユーザーなどには便利な機能です。↓

以上のようにOffice 2007の新機能「リボン」との併用が可能ですが、「メニュー」タブは困った時の予備ボタンと考えて、2007の「リボン」操作に早く慣れることをお勧めします。↓

ダウンロードのページ紹介
次のリンクで、旧バージョン操作用の「メニュー」タブをOffice2007に追加できる「Office 2007 オールドスタイル メニュー アドイン」のダウンロードができます。↓
リンク▲Office 2007 オールドスタイル メニュー アドイン version 0.92

●次のリンク記事も参考になるので、リンクしてみてください。↓
リンク▲「Office 2007」の「リボン」が使いづらい・・・なにしろパソコンドットコム・パソコントラブルQ&Aより

●本ブログ内の関連記事の紹介をします。…「ひろくんのグーグル散歩」より↓
リンク▲Office2007(エクセル)操作法…投稿記事の一覧表示があります。↓
リンク▲ラベル【オフィス2007】記事…最新追加記事の表示ができます。↓

▲0416A▲↓

▼0402B▼↓
【スペース】…画面単位の下移動(Shift+Space…上移動)↓
【Home】…ページ先頭へ移動(End…ページ最下部へ)↓


Officeボタン/Excel2007


画像(1)▼クリックで拡大ができます…画面構成/Excel2007↓


●ファイルを開く/Excel2007…Officeボタン↓
Excelを利用するための基本的な操作として、ファイルを開く、上書き保存する、印刷する、ファイルを閉じる…などがあります。ファイル管理作業は、旧エクセルでは「ファイル」メニューやツールバーで操作しましたが、Eccel2007では「Officeボタン」でファイル管理操作ができます。「Officeボタン」を理解することがExcel2007を活用するための第一歩です。↓

●Officeボタン↓

1)「Offceボタン」→「開く」メニュー →「ファイルを開く」画面の表示…ファイルを選択→「開く」ボタンでファイルが開きます。他にも「新規作成」、「上書き保存」、「名前を付けて保存」、「印刷」関連の操作メニューはここから選択できます。また、「Offceボタン」→「Excelのオプション」ボタンでエクセルの各種オプション設定ができます。基本的に旧バージョンの「ファイル」メニューのファイル管理の操作内容は「Offce」ボタンから選択できます。↓

2)エクセルのファイルを開く時に、「ファイルを開く」メニューでファイルを選択するより「最近使用したドキュメント」の一覧から文書を選択するほうが素早く既存の文書を開くことができます。フォルダを開いてPC内のファイルを探すより、よく利用する文書ファイルでは文書一覧から選択する方法が便利です。但し、ファイルの保存場所を変更すると、保存場所の設定が変わりファイルが開けなくなるので注意してください。↓

3)Office2007の編集作業は「リボン」操作で行い、ファイルや印刷の操作は「Officeボタン」から行うと考えてください。↓

4)「名前を付けて保存」は文書の複写保存ができますが、エクセル2007では保存形式を選択する必要があります。エクセル2007は旧エクセルやマクロ文書ではファイル形式が異なります。特にエクセル2007形式で保存すると旧エクセルで開けなくなるので注意が必要です。旧エクセル形式で保存すれば、エクセル2000で開くことも可能でした。但し、図形描画に関しては、矢印の形やテキストボックスのサイズ、影などの書式設定の互換性が不完全なので修正が必要になるようです。↓
エクセル2007では描画機能が優れていますが、特殊な図形の書式は旧エクセルではうまく表現できないと考えたほうがいいようです。↓

5)エクセル2007ではPDF形式での保存が可能です。また、ファイルをメールに添付して送ることもできます。PDF形式ファイルは、計算はできませんがPDF閲覧ソフトがあれば画像と文字の組み合わせとして、ほぼ忠実にエクセルと同様の画面表示状態の閲覧ができます。↓

画像(2)▼クリックで拡大できます。…Officeボタン↓


画像(3)▼クリックで拡大できます。…Excel2007の画面↓


●関連サイトを紹介します。↓
リンク▲Officeボタンとリボンとは/Office 2007 共通…「Be Cool Users 2007」より
リンク▲Officeボタン/新しいファイルメニュー…「動画マニュアル.com」より

●本ブログ内の関連記事の紹介をします。↓
リンク▲Office2007(エクセル)操作法
リンク▲Googleブログ「ひろくんのグーグル散歩」のラベル【オフィス2007】記事…「ひろくんのグーグル散歩」より

▲0402B▲↓
スポンサーサイト

テーマ : ソフトウェア
ジャンル : コンピュータ

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブログ内検索
▼翻訳ツール
▼AdMax1
最近の記事
リンク
▼電脳ショップ
▼電脳
[stmx] - ソーシャルマーケットプレイス
[stmx] - ソーシャルマーケットプレイス
[stmx] - ソーシャルマーケットプレイス
[stmx] - ソーシャルマーケットプレイス
月別アーカイブ
カテゴリー
▼Amazon
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
1996位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
268位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。