▼AdMax1


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▼フリーテキストエディタ【LightWrite】の活用(其の1)

▼0503▼

▼【LightWrite】の活用(其の1)

▼フリーテキストエディタ

●以前にも紹介したフリーソフト【LightWrite】ですが、便利な利用方法を紹介します。
▼Light Writeのページはこちらです。DLもできます。


http://kp774.com/soft/lw/




●Light Writeは、動作が軽く、実行フォルダサイズ(文書ファイルも含む。略:【LWフォルダ】)が小さいので、USBメモリーやスマートメディアなどのメモリー媒体に【LWフォルダ】丸ごと(起動+文書)入れて持ち運びできます。
●今回は、
私の場合、HTMLタグ専用のテキストページを作成し、タグをCopy/Pastすることで活用しています。また、Wikipedia(フリーウェブ百科事典)の専用の【LWフォルダ】を作成して、得た情報(テキスト形式データ)を保存しておき、必要なときにHPやブログに再利用しています。また、ページ設定の【URLをリンク】→(はい)でアンダーラインURLから直接ウェブページへリンクすることもできます。
例えば
------雛形実例------------------------
▼●無料歌詞検索(コードとダイヤグラムを表示)【J-Total Music】↓
●弾き語りなら、おまかせ下さい!歌いたい曲が、8263曲の中からギターコード付で検索できます!↓
<a href="http://music.j-total.net/index.html">
http://music.j-total.net/index.html
↓▲【J-Total Music】▲</a>↓
------雛形凡例------------------------
▼●【ウェブサイト名】↓
●ウェブサイトの説明↓
<a href="URL">
URL(アンダーラインリンク文字列)
↓▲【ウェブサイト名】▲</a>↓
------------------------------
のような雛形を作成しておけば、タグをCopy/Pastすることで、編集したブログやHPから、読者がお気に入りのウェブサイトへリンクできるように設定できます。
●また、自分専用のウェブサイト管理ページや専用の【LWフォルダ】を作成しても便利です。常に、
【LightWrite】が利用できる環境を作ることで、ネット環境の作業効率を改善したり、スキルアップに繋げることができます。皆さんも、是非トライしてみてください。



スポンサーサイト

テーマ : ★★おすすめ♪★★
ジャンル : ブログ

コメントの投稿

非公開コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索
▼翻訳ツール
▼AdMax1
最近の記事
リンク
▼電脳ショップ
▼電脳
[stmx] - ソーシャルマーケットプレイス
[stmx] - ソーシャルマーケットプレイス
[stmx] - ソーシャルマーケットプレイス
[stmx] - ソーシャルマーケットプレイス
月別アーカイブ
カテゴリー
▼Amazon
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
2850位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
334位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。