▼AdMax1


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マクロの記録(1)エクセルVBA

▼画像(1)クリックすることで画像の拡大ができます。↓


▼0123A▼Excel_VBA↓

マクロの記録(1)エクセルVBA


マクロの記録
VBAのプログラムはVBEに直接手入力して作成/編集する方法もありますが、実際に行う操作を【マクロの記録】機能で自動保存する方法が便利です。投稿図(1)のように、SUM()関数を利用するエクセル操作を、マクロで記録してみました。【Module1】が自動作成され、ダブルクリック選択で【Module1】内のプログラム(コード)が表示できます。この【コードウィンドウ】内で、プログラムの入力/編集が可能です。エクセル内の表をクリアーした後で、(1)▼マクロの実行ボタンで実際に行った操作のプログラムが実行できます。↓
▼VBAの自動記録プログラム

Sub sum計算()
'
' sum計算 Macro
' マクロ記録日 : 2009/1/23 ユーザー名 : XXXX
'
'

Range("B2").Select
ActiveCell.FormulaR1C1 = "10"
Range("B3").Select
ActiveCell.FormulaR1C1 = "15"
Range("B4").Select
ActiveCell.FormulaR1C1 = "=SUM(R[-2]C:R[-1]C)"

End Sub


上記のプログラムを簡素化して、下記の様に分かり易く修正してみました。つまり、マクロの記録で作成したプログラムを修正する方法が便利です。↓


' ▼プログラムの開始
Sub sum計算()
' ▼sum計算 Macro
  '▼B2セルの選択
Range("B2").Select
 '▼アクティブなセルに数値【10】を入力
ActiveCell = "10"
  '▼B3セルの選択
Range("B3").Select
 '▼アクティブなセルに数値【15】を入力
ActiveCell = "15"
  '▼B4セルの選択
Range("B4").Select
  '▼アクティブなセルに計算式【=SUM(B2:B3)】を入力
ActiveCell = "=SUM(B2:B3)"
' ▼プログラムの終了
End Sub


エクセルVBAに関する過去ブログのリンク


(1)リンク▲VBAの利用(1)Excel


(2)リンク▲VBエディタ(1)エクセルVBA


下記のサイトでエクセルの【VBA】や【VBE】機能の説明を閲覧できます。参考にしてください。

▼下記のリンクで、エクセルの【VBA】機能について、説明されています。・・・マクロの自動記録→マクロの実行→マクロをフォームのボタンに登録する/マクロをツールバーのボタンに登録する・・・以上の方法が、図入りで解り易く解説されています。オススメのサイトなので、紹介します。↓

リンク▲マクロの自動記録と実行
・・・【Excel(エクセル)VBA入門】より↓

▼下記のリンクで、エクセルの【VBE】機能について、説明されています。・・・VBE(Visual Basic Editor/VBエディタ)の画面について/プロジェクト エクスプローラ/コード ウィンドウ/プロパティ ウィンドウ/マクロ(コード)の実行をチェックする・・・以上の方法が、図入りで解り易く解説されています。↓

リンク▲VBE(Visual Basic Editor/VBエディタ)の使い方
・・・【Excel(エクセル)VBA入門】より↓

▲0123A▲↓
スポンサーサイト

テーマ : プログラミング
ジャンル : コンピュータ

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブログ内検索
▼翻訳ツール
▼AdMax1
最近の記事
リンク
▼電脳ショップ
▼電脳
[stmx] - ソーシャルマーケットプレイス
[stmx] - ソーシャルマーケットプレイス
[stmx] - ソーシャルマーケットプレイス
[stmx] - ソーシャルマーケットプレイス
月別アーカイブ
カテゴリー
▼Amazon
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
2890位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
362位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。