▼AdMax1


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マウス操作 JW_CADの活用

▼富士通↓
富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

▼1018▼jwc↓

【マウス操作】↓
JW_CADの活用


▼作図ウィンドウ内でのマウス操作

●CADを利用する場合、マウスの操作を十分理解できているかどうかで作業のスピードが大きく異なります。JW_CADのマウスの基本的な操作法をもう一度確認してみてください。↓

1)Jw_cadの図面データの入力、編集、画面の拡大縮小操作などを行うためのマウス操作は、これらのマウス操作を使い分けることで、より効率的な作図が行えます。↓
2)作図ウィンドウ下部の【ステータスバー】 に、作図上の指示メッセージ(コマンドなどに関するヘルプテキストやカーソル位置などの情報)、用紙サイズ、縮尺、書込レイヤ番号、表示倍率などが表示されます。重要情報が表示(メッセージや各項目)されるので、確認しながら操作を行うとCADの操作の理解も深まります。【メッセージ】に作図上の指示事項や説明が表示されます。例えば、[線]コマンド実行直後で、線の始点の位置のクリックのメッセージが表示され、「(L)free、(R)Read」のように、左クリック(L)が任意点、右クリック(R)が読取点の操作で、始点を指示します。↓

1)【左クリック】 (L)free→左ボタンで任意の点を指示できます。↓
2)【右クリック 】(R)Read→読取(吸着)点を 右ボタンで指示できます。読取点とは仮点・実点、線・円弧の端点、線・円弧と線・円弧の交点、文字列の左下・右下の点などで、【右クリック 】でスナップできます。↓
3)【左ダブルクリック】 (LL) →左ボタンのダブルクリックを意味します。[2線]コマンドの「基準線変更(LL)」などに利用されます。↓
4)【右ダブルクリック】 (RR) →右ボタンのダブルクリックを意味します。、[伸縮]コマンドの「基準線指定(RR)」などに利用されます。↓↓
5)両ボタンクリック(または両クリック) →左右のボタンを同時に押して放します。マウスホイールでも可能です。↓
6)両ボタンドラッグ(または両ドラッグ) →左右のボタンを同時に押したままマウスを移動し放します。 ↓
7)左ボタンドラッグ(または左ドラッグ) →左ボタンを押したままマウスを移動し放します。↓
8)右ボタンドラッグ(または右ドラッグ) →右ボタンを押したままマウスを移動し放します。↓

●【両ボタンクリック・両ボタンドラッグ】と画面操作・・・両ボタンクリックは、画面中央への移動ができ、両ボタンドラッグは、ドラッグの方向により、拡大表示、縮小表示、全体(範囲記憶)表示、前倍率表示ができます。↓

▼【両ボタンクリック】および【両ボタンドラッグ】の方向と画面操作機能↓

1)両ボタン【左上】方向のドラッグ→1/2【縮小】表示↓
2)両ボタン【右上】方向のドラッグ→画面【全体表示】、範囲記憶画面表示↓

3)両ボタン【左下】方向のドラッグ→【前倍率】表示と画面表示機能の関係↓
4)両ボタン【右下】方向のドラッグ→ドラッグ【範囲拡大】表示→画面と相似の形に範囲指定すれば、各図形の位置も同様に配置できます。↓
5)【両ボタンクリック】のみ→クリック位置が画面【中央へ移動】します。この【両ボタンクリック】を繰り返すと、同じ方向や移動幅で移動できます。※クリック位置は画面の中央位置の反対側へ移動し、中央より離れるほど移動幅が大きくなります。↓

▲1018▲jwc↓

スポンサーサイト

テーマ : フリーソフト
ジャンル : コンピュータ

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索
▼翻訳ツール
▼AdMax1
最近の記事
リンク
▼電脳ショップ
▼電脳
[stmx] - ソーシャルマーケットプレイス
[stmx] - ソーシャルマーケットプレイス
[stmx] - ソーシャルマーケットプレイス
[stmx] - ソーシャルマーケットプレイス
月別アーカイブ
カテゴリー
▼Amazon
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
3452位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
405位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。