▼AdMax1


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

単曲線の(線形)要素の計算▲GioLineの活用

画像(1)AutoCAD/単曲線▼↓


画像(2)GioLine/単曲線▼↓


▼930▼gline↓

単曲線の(線形)要素の計算↓
▲GioLineの活用(1)


GioLine(フリー測量計算ソフト)で、単曲線の(線形)要素の計算や座標計算ができます。今回は、単曲線の(線形)要素の計算の計算例を紹介します。↓

▼下記の文章は、GioLineの【記録簿】の表示内容を【テキストエディター】に【コピー】したものを修正して作成しました。↓

【記録簿】より↓

A)単曲線の(線形)要素の計算↓
▼入力値→単曲線の次の2要素(IA/R)を入力し、計算ボタンを押すと、各要素が出力表示されます。これらの要素は、【記録簿】にテキスト形式データとして記録されます。↓

▼入力値
1)IA(交角/中心角) 2)R(半径)
IA = 30°50′42.00″(交角)
R = 300.0000    (半径)

▼計算出力表示(記録簿)
CL = 161.5040  (曲線長)
CL/2= 80.7520 (曲線長/中点)
TL = 82.7605 (接線長)
SL = 11.2062 (外線長)

各要素の項目は、画像(1)を参考にしてください。

▼AutoCADで作図・・・この図面は、GioLineのデーターを利用しました。↓
GioLineではDXF形式へデータ変換が可能→AutoCADで図面を開く→座標点/点名/座標値を図面に読み込むことができます。このデーターを基に図面を作成しました。↓


リンク▲GioLine(フリー測量計算ソフト)のDLサイトへ


▲930▲gline↓
スポンサーサイト

テーマ : フリーソフト
ジャンル : コンピュータ

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブログ内検索
▼翻訳ツール
▼AdMax1
最近の記事
リンク
▼電脳ショップ
▼電脳
[stmx] - ソーシャルマーケットプレイス
[stmx] - ソーシャルマーケットプレイス
[stmx] - ソーシャルマーケットプレイス
[stmx] - ソーシャルマーケットプレイス
月別アーカイブ
カテゴリー
▼Amazon
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
2030位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
276位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。