▼AdMax1


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

平均点以上なら合格▲エクセルの活用

画像(1)▼↓


▼928▼ex↓

平均点以上なら合格↓
▲エクセルの活用


エクセル関数の利用・・・国語と数学の点数の両方が平均点以上なら「合格」と表示する関数↓

▼IF、AND、AVERAGE関数の利用↓

1)【平均値】・・・AVERAGE関数は、指定した範囲の平均点を求めることができます。C21、D21、E21のセル(赤字部分)に、国語の得点、数学の得点、合計点の平均を計算するAVERAGE関数がはいっています。↓
=AVERAGE(範囲1[,範囲2])↓

2)F列には、国語と数学の点数の両方が平均点以上なら「合格」と表示する次の関数が入っています。↓
=IF(AND(C3>=AVERAGE($C$3:$C$17),D3>=AVERAGE($D$3:$D$17)),"合格","")↓

=IF(理論式,真の場合A,偽の場合B)・・・理論式が真(正しい)ときAの処理を、偽の(間違っている)場合はBの処理をします。↓

今回の場合の理論式・・・AND(C3>=AVERAGE($C$3:$C$17),D3>=AVERAGE($D$3:$D$17))で複数の条件設定をしています。「C3が($C$3:$C$17)の平均値以上(>=)、かつ(AND)D3が($D$3:$D$17)の平均値が以上の時」の2つの条件をみたすことが、理論式になります。↓

=IF(理論式,"合格","")で真の場合は「合格」の文字を表示し、偽の(間違っている)場合は「空白」を表示する式になっています。↓

3)【書式】→【条件付書式】・・・セルの値が平均値以上ならセルの背景色を黄色にする。【条件付書式】を利用するとセルに合わせてセルの書式を変更設定できます。C列では、平均値$C$21以上のなら背景色を黄色にする。さらに、D列では、平均値$D$21以上のなら背景色を黄色にする設定にしました。よって、C列、D列共に黄色い背景色の受験番号の人物は、F列で合格の文字が表示されています。条件によってセル色を変える設定にすれば、視覚的に目的のセルが、直ぐに確認できます。↓

▲928▲ex↓
スポンサーサイト

テーマ : ソフトウェア
ジャンル : コンピュータ

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索
▼翻訳ツール
▼AdMax1
最近の記事
リンク
▼電脳ショップ
▼電脳
[stmx] - ソーシャルマーケットプレイス
[stmx] - ソーシャルマーケットプレイス
[stmx] - ソーシャルマーケットプレイス
[stmx] - ソーシャルマーケットプレイス
月別アーカイブ
カテゴリー
▼Amazon
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
3452位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
405位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。