▼AdMax1


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

簡易文字/マルチ文字モード▲AR_CADの活用

▼画像(1)▼↓


▼0923▼arc↓

簡易文字/マルチ文字モード↓
▲AR_CADの活用


簡易文字/マルチ文字モードをまとめてみました。↓

【マルチ文字】作図モード

a)【○確定】・・・文字入力の確定ができます。↓
b)【文字囲】・・・文字枠のある囲み文字(□は矩形図形)↓

c)【中抜き】文字、【左右反転】文字、【上下反転】文字が作成できます。↓
d)【連続コピー配置】・・・入力文字をスタンプのように連続して貼り付けできます。↓

e)文字入力位置の基点を座標XY値で指定することが可能です。↓
f)【角度】・・・文字の傾斜角度の指定ができます。目的の線分図形の指定で、その線の平行/垂直角度の取得画できます。→線に平行/垂直な文字を配置できます。↓

g)文字の基点位置の変更ができます。文字の正確な位置あわせに利用できます。↓
h)簡易文字(一行文字)とマルチ文字(複数行)の2通りの文字編集ができます。

i)【文字入力フォーム】が表示された状態で、●縦書き/横書き ●フォント(字体) ●太字↓
●斜体 ●アンダーライン ●取消し線などの設定ができます。↓
j)文字の【サイズ】(高さ/幅)、文字の【ピッチ】(文字間隔)の設定ができます。↓

k)文字の移動/複写は、【要素選択】モードのドラッグ操作(複写は、【Alt】+ドラッグ)で行います。【要素選択】モードの文字図形のダブルクリックで文字の編集ができます。(但し、この場合は書式の変更はできません。)

※多様な文字書式装飾した図形データーは、AR_CADで利用する場合は、有効ですが。DXF変換して他のCADソフトで利用するばあい、書式が反映されません。PDF形式や図形データー(JPEG、PNG、BMP)の場合は、そのままの画像で保存されますが、図形データーなので、形式変換後の編集はできなくなります。↓


▼【過去ログの一覧】です。参考にしてください。


円/円弧モード▲AR_CADの活用



矩形/多角形モード▲AR_CADの活用



曲線/点モード▲AR_CADの活用



直線モード▲AR_CADの活用



6)AR_CADの活用



5)CADを使ってみよう▲AR_CADの活用



4)【直線モード】▼AR_CAD・・・↓
  ▲AR_CADの過去ブログリンクの一覧表があります。



3)AR_CAD▲文字/プロパティ/寸法図形/画層(レイヤ)の操作



2)AR_CADとOpenOfficeの利用



1)AR_CAD▲文字を描く



▲0823▲arc↓

スポンサーサイト

テーマ : フリーソフト
ジャンル : コンピュータ

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブログ内検索
▼翻訳ツール
▼AdMax1
最近の記事
リンク
▼電脳ショップ
▼電脳
[stmx] - ソーシャルマーケットプレイス
[stmx] - ソーシャルマーケットプレイス
[stmx] - ソーシャルマーケットプレイス
[stmx] - ソーシャルマーケットプレイス
月別アーカイブ
カテゴリー
▼Amazon
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
2030位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
276位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。