▼AdMax1


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

既存図面の設定流用▼AutoCAD活用

▼画像(1)↓

+-----+----+---+
▼0701(08)▼↓


▼既存図面の設定流用▼AutoCAD活用


●【AutoCAD】の【DesignCenter】(コマンド:ADC)を利用すると、既存の図面(開いていなくてもOK)の設定()情報を流用できます。つまり、自分の作成した設定(画層/文字スタイル/寸法スタイル/線種/レイアウトetc.)や他の図面の利用したい設定を容易に再利用できます。【コマンド:ADC】(CE)を実行して、【ツリービュー】で図面選択→【コンテンツビュー】領域で流用したいコンテンツ(設定)を流用先の図面にドラッグ&ドロップすると、その図面へ設定の複写(流用/再利用)ができます。これによって、図面設定の有効利用が可能です。↓
●設定(特に、縮尺に応じた各種図面)済みの図面をテンプレートとして再利用する方法もあります。作図の目的に応じた設定を一度作成すれば、複写(流用/再利用)して利用できるので大変便利です。さらに、それを改良/修正していけば、各ユーザーの利用しやすい便利な独自の設定を構築していくことが、AutoCADの作業効率の向上やスキルアップに繋がります。↓

●「新図面の作成で、以前に利用した同じ設定をわざわざ作り直している」というAutoCADユーザーはいませんか?上記の方法を利用すれば、問題解決できます。↓

▲0701(08)▲↓
スポンサーサイト

テーマ : ソフトウェア
ジャンル : コンピュータ

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブログ内検索
▼翻訳ツール
▼AdMax1
最近の記事
リンク
▼電脳ショップ
▼電脳
[stmx] - ソーシャルマーケットプレイス
[stmx] - ソーシャルマーケットプレイス
[stmx] - ソーシャルマーケットプレイス
[stmx] - ソーシャルマーケットプレイス
月別アーカイブ
カテゴリー
▼Amazon
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
1410位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
189位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。