▼AdMax1


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エクセルの入力操作(1)/Excel2007

▼0730A▼Ex2007

エクセルの入力操作(1)/Excel2007

画像(1)BgS.x1▼クリックで画像の拡大ができます。↓


エクセルの入力操作(1)/Excel2007

●「001A」の様式でセルのフィルハンドル(+)ドラッグコピーすると、2Aになります。この場合に002Aの様式にしたい・・・↓
「00-1A」でフィルハンドルのドラッグでコピー→置換機能(Ctrl+H)で設定画面に「-」→「空白」を入力し、「-」を削除(置換)します。↓

●「Excel」とは・・・↓
「表計算ソフト」・・・セルにデーターや数式を入力し集計表や表形式の文書を作成できます。また、グラフ(データの視覚化)や図形の作成ができ、Excel2007では、描画機能が優れています。↓
●セルを選択した場合、太枠で表示されているセル(単一セル、又はセル範囲)→操作対象のアクティブセルで、データ入力や書式設定などの操作ができます。↓
●範囲選択した全てのセルに同じデータを一度に入力できます。・・・↓
セルの範囲選択(太枠、反転状態)→※A)データ入力→Ctrl+Enterで全てのセル範囲に※A)のデータが入力されます。↓

●画面右上の【閉じる】ボタン(エクセルを終了する)と【ウィンドウズを閉じる】ボタン(現在のブックを閉じる)の利用法・・・【ウィンドウズ(ブック)を閉じる】ボタンで、素早く別のブックの開き直しができます。(Excelの起動時間の省略)また、Officeボタン→【最近使用したドキュメント】→文書の一覧から文書の選択ができます。再度、文書を開く場合に活用できます。但し、文書名変更やファイルの保存場所の移動で、ディレクトリ(保存場所の設定)が変わり、開けなくなるので注意してください。↓

●Eccelがフリーズした場合→Ctrl+Alt+Delete(強制終了)を押します。→【タスクマネージャー】の起動→CPUの使用率が0%なら(動作していない)→タスクの終了でソフトを強制終了できます。また、【タスクマネージャー】→パフォーマンスで、Excelの動作確認ができます。↓
●画面の左上にある丸い【Office】ボタンで、ファイル操作に関するメニューを表示します。↓

●使用頻度の高い機能を配置できるクイックアクセスツールバーの利用・・・↓
クイックアクセスツールバーのカスタマイズ→右端の▼ボタン、又は、バーの右クリックメニューで設定(ボタンの追加や削除)ができます。↓
また、クイックアクセスツールバーは、リボンの上下に移動表示できます。→右クリックメニューで設定します。↓

●データ入力時の効率的なセル移動↓
 1)Tab→右のセルへ移動  2)Enter→自動リターン機能(移動開始セルの直下へ移動)↓
●指定した範囲内でセルを移動・・・セルの範囲選択→Tabキーで移動できます。↓
●セルA1へ移動→Ctrl+Home(ウィンドウ枠の固定状態→ウィンドウ枠の左上端に移動)↓
Ctrl+End→表の右下端まで移動(アクティブセル領域)↓
Ctrl+Home→番地 A1のセル   Home→A列(行の左端)↓
●アクティブセル領域→空白行と空白列で囲まれた矩形のセル範囲を1つの表として認識します。↓
●1画面単位で画面移動する→PageDown(PageUp)キーを押します。↓
●Ctrl+矢印キー →データの連続入力範囲の端へ移動できます。↓
※アクティブセルのセル枠(太い枠の上下左右部分)のダブルクリックでも端への移動が可能です。↓

管理人のエクセルに関連する過去記事の紹介・・・FC2ブログより↓

リンク▲カテゴリー【エクセル】の関連記事・・・FC2ブログより

▲0730A▲↓
スポンサーサイト

テーマ : ソフトウェア
ジャンル : コンピュータ

グーグル活用のホームページ

オススメ商品の紹介です。どうぞ、ご来店ください。↓
リンク▲オススメ商品の紹介・・家電/ファッション/母の日/トラベル(楽天am_shop_416a_F2)
リンク▲オススメ商品の紹介・・家電/ホーム/ヘルス/飲料(アマゾンam_shop_416a_F2)

▼0728A▼

グーグル活用のホームページ

グーグル(Google)関連のブログをまとめたので、参考にしてください。

リンク▲グーグルの活用・・・iswebライトのホームページ(Dx001)より

【翻訳ガジェット】↓
1)クリックでGoogle翻訳のホームページへリンクできます。↓
2)▼ボタンで言語を選択すると、ウェブページを瞬時に別の言語の翻訳ページに変換できます。↓

▼【翻訳ガジェット】・・・Please select the language./言語を選択してください。↓


関連記事の紹介・・・次のブログをベースにホームページを作成したので、参考にしてください。↓
リンク▲ラベル【グーグル】の分類記事・・・Googleブログ(BgSx1)より

▲0728A▲↓

テーマ : インターネットサービス
ジャンル : コンピュータ

翻訳機能の活用/Google

オススメ商品の紹介です。どうぞ、ご来店ください。↓
リンク▲オススメ商品の紹介・・家電/ファッション/母の日/トラベル(楽天am_shop_416a_F2)
リンク▲オススメ商品の紹介・・家電/ホーム/ヘルス/飲料(アマゾンam_shop_416a_F2)

▼0727A▼

翻訳機能の活用/Google

画像(1)BgSx1▼クリックで画像の拡大ができます。↓


画像(2)BgSx1▼クリックで画像の拡大ができます。↓


Google(グーグル)の翻訳機能を活用する。

●Googleのトップページは、シンプルですが、多様な無料のウェブサービスやツールが利用できたり、軽くてスピーディな検索ができるサイトです。このサイトを十分に理解して、活用すれば、皆さんのスキルアップも可能です。今回は、翻訳ページ(ウェブページのURLやテキストを入力することで、指定した言語に翻訳)を紹介します。↓

リンク▲Google(グーグル)のトップページ
リンク▲Google(グーグル)のヘルプページ

●ページ上部の【ウェブ】→リンクボタン(リンク文字)→【その他】 の▼ボタン→ ページリンク一覧が表示されます。【翻訳】ボタンのクリックで【翻訳】ページの表示→ページのURLやテキストを入力することで、指定した言語に翻訳できます。↓

リンク▲ Google 翻訳 よくある質問・・・Googleサイトより
リンク▲ テキスト、ウェブページ、ドキュメントの翻訳・・・Googleサイトより

●Google翻訳のページの活用↓
1)ホーム・・・自動翻訳と下記の2)から4)のページへリンクできます。↓
2)テキストとウェブサイト・・・テキスト、またはウェブページの URL を入力するか、ドキュメントをアップロードすることで、指定した言語に自動翻訳できます。↓
3)翻訳して検索(他の言語で検索)・・・検索キーワードを自分の言語で入力して、それを他の言語で検索できます。↓
4)翻訳ツール(翻訳ガジェット)・・・クリックでGoogle翻訳のホームページへリンクしたり、翻訳ツールから言語を選ぶことで、ウェブページを瞬時に別の言語の翻訳ページに変換できます。【翻訳ガジェット】を投稿するウェブページに追加すると、そのページを上記の方法で、簡単に自動翻訳できます。【翻訳ガジェット】は、ページ内のガジェット用のHTMLタグをコピー&ペーストで投稿用のHTML編集画面(HTML文書)に貼り付けすることで、簡単に追加できます。

※IEやFirefoxなどのブラウザでは、Googleツールバーをインストールすれば、翻訳ボタンのマウスオーバー辞書やページ翻訳が利用できます。但し、Opera、スレイプニル、GoogleChromeなどのブラウザでは、Googleツールバーに対応していません。↓


実際の翻訳例・・・英語から日本語への正確な翻訳は難しいようですが、大まかな内容を理解し、修正すれば利用できます。↓

●翻訳前の文章(コピー&ペーストで文章入力)↓
Once upon a time, there was a little girl who lived in a village near the forest. Whenever, she went out, the little girl wore a red riding cloak, so everyone in the village called her Little Red Riding Hood. ↓

●翻訳語の文章(原文※A)↓
昔、誰が森の近くの村に住んでいた少女だった。いつ、彼女がいたが、少女は、村では誰もが彼女の赤ずきんちゃんと呼ばれる赤に乗ってマントを着ていた。↓

●※Aを管理人が、修正した文章(こんな意味になるのでは?)↓
昔むかし、森の近くの村に少女が住んでいました。少女は外出する時にはいつも、、赤いマント(赤いコート/頭巾)をかぶっていたので、村では誰もが彼女のことを「赤ずきんちゃん」と呼んでいました。↓

笑ってしまうような訳になることもありますが、修正すれば活用できそうです。今回は、昔話でしたが、洋楽の歌詞や英語の勉強に利用してみるのも面白いかもしれません。また、ブログなどに【翻訳ガジェット】を追加することで、外国の読者に読んでもらう機会も増えると思います。↓

【翻訳ガジェット】・・・Google(ブロガー)、ココログ、ライブドア、FC2、TeaCupなどのブログでは、【翻訳ガジェット】が利用できます。しかし、楽天、Ameba(アメブロ)、はてな、Opera、WindowsLive、Yahoo!などのブログでは、ガジェット用のHTMLタグに対応していないので利用できません。↓
【翻訳ガジェット】では、・・・↓
1)クリックでGoogle翻訳のホームページへリンクできます。↓
2)▼ボタンで言語を選択すると、ウェブページを瞬時に別の言語の翻訳ページに変換できます。↓

▼【翻訳ガジェット】・・・Please select the language./言語を選択してください。↓


関連記事の紹介・・・参考にしてください。↓
リンク▲ラベル【グーグル】の分類記事・・・Googleブログ(BgSx1)より

▲0727A▲↓

テーマ : インターネットサービス
ジャンル : コンピュータ

Googleのトップページ

オススメ商品の紹介です。どうぞ、ご来店ください。↓
リンク▲オススメ商品の紹介・・家電/ファッション/母の日/トラベル(楽天am_shop_416a_F2)
リンク▲オススメ商品の紹介・・家電/ホーム/ヘルス/飲料(アマゾンam_shop_416a_F2)

▼0726A▼

Googleのトップページ

画像(1)BgSx1▼クリックで画像の拡大ができます。↓


Google(グーグル)のトップページ

●Googleのトップページは、シンプルですが、多様な無料のウェブサービスが利用できたり、軽くてスピーディな検索ができるサイトです。このサイトを十分に理解して、活用すれば、皆さんのスキルアップも可能です。今回は、このトップページの操作法を投稿画像にまとめてみました。↓

リンク▲Google(グーグル)のトップページ
リンク▲Google(グーグル)のヘルプページ

●ページ上部の【ウェブ】→リンクボタン↓
1)検索内容別のウェブページの表示ができます。↓
画像検索/動画検索/地図検索/ニュース検索のページを表示します。↓
2)グループ→ウェブやメールでのディスカッション(意見交換)が可能です。↓
3)Gmail→メール操作画面が表示できます。↓
4)その他 ▼ボタン→ ページ一覧の表示↓
1)書籍検索 ↓
2)ブログ検索↓
3)翻訳ページ→ページのURLやテキストを入力することで、指定した言語に翻訳できます。↓
4)YouTube→動画の検索ができます。↓
5)カレンダー →スケジュール管理ができます。↓
6)ウェブアルバム →画像をウェブ上に保存したり、公開できます。↓
7)ドキュメントの編集 → メモ帳、ワープロ、表計算、プレゼンテーションなどのソフトをウェブ上で編集、保存、公開することができます。↓
8)リーダー・・・・Googleリーダー→お気に入りのニュースサイトやブログの更新状況を定期的にチェックできます。 ↓
9)サイト→ホームページ作成ができます。↓

●タブ選択で各種ボタンを表示できます。↓
1)おすすめ→↓
メール/YouTube/ニュース/地図/ブラウザ(GoogleChrome)のダウンロード↓
2)いろいろな検索→↓
画像/ブログ/乗換案内/書籍/ディスクトップ↓
※デスクトップ・・・デスクトップ検索やサイドバーとガジェットの利用ができます。↓
3)便利なツール→↓
カレンダー(スケジュール管理)/ドキュメント/リーダー/Googleツールバーのダウンロード/モバイル機能の利用↓
4)もっと楽しく→↓
YouTube(動画検索)/写真管理ツール/ブログ(作成)ツール(Blogger)/地球を検索(GoogleEarth)↓

●翻訳ガジェットをウェブページに追加すると、そのページを簡単に自動翻訳できます。HTMLタグのコードを貼り付けると、このガジェットがウェブページに挿入できます。(言語を選択してください。/Please select the language.)↓


関連記事の紹介・・・参考にしてください。↓
リンク▲ラベル【グーグル】の分類記事・・・Googleブログ(BgSx1)より

▲0726A▲↓

テーマ : インターネットサービス
ジャンル : コンピュータ

TEXT関数とユーザー定義(3)/Excel2007

▼0724A▼Ex2007

TEXT関数とユーザー定義(3)/Excel2007

画像(1)BgS.x1▼クリックで画像の拡大ができます。↓


TEXT関数とユーザー定義の相互利用について(2)

1)【】内は表示形式(ユーザー定義)の書式記号(文字列は""で囲む)↓
2)TEXT関数は""内で表示形式を設定(""は不要)↓
転用例●↓
TEXT()→Text(セル番地,"[s]秒")←→ユーザー定義→※【[s]"秒"】の様に、表示形式の一部を修正することで、相互に利用できます。↓
※多くの場合、書式記号の文字部(""部分)の"を削除すると、=TEXT()関数に転用できます。例えば、=TEXT()で試験的に表示して、ユーザー定義で登録できます。↓
逆に、=TEXT()の""内(表示形式)の文字部を""で囲むとユーザー定義として転用できます。↓
但し、[青]#.#;[赤]-#.#;[黒]"±0";[緑]@←→式=TEXT(U64,"[青]#.#;[赤]-#.#;[黒]±0;[緑]@")のように、●=TEXT関数では、[青]の文字色は、反映できません。↓


●日付

●1970/12月
→【yyyy/m"月"】(ユーザー定義)
→関数式=TEXT(H64,"yyyy/m月")
●02/01→【mm/dd】
→式=TEXT(H65,"mm/dd")
●2月2日(月)
→【m"月"d"日"(aaa)】
→式=TEXT(H111,"m月d日(aaa)")
●2月2日(月曜日)
→【m"月"d"日"(aaaa)】
→式=TEXT(H111,"m月d日(aaaa)")
●2月2日(Mon)→【ddd】→Mon 
● 2月2日(Monday)
→【dddd】→Monday
→式=TEXT(H111,"m月d日(dddd)")
●Tuesday/February-03→英語曜日/英語月-03日
→【dddd"/"mmmm"-"dd】
→式=TEXT(G76,"dddd/mmmm-dd")
● 70年/02月03日西→暦05年/02月/03日
→【yy"年/"mm"月"dd"日"】
→式=TEXT(G77,"yy年/mm月dd日")
● 昭和45年2月3日→和暦45年/2月/3日
→【ggge"年"m"月"d"日"】
→式=TEXT(G78,"ggge年m月d日")
● S45.2.3→和暦45.2.3→【ge"."m"."d】
→式=TEXT(G79,"ge.m.d")
●1970年2月3日(火)
→【yyyy"年"m"月"d"日"("aaa")"】
→式=TEXT(G80,"yyyy年m月d日(aaa)")
● 02月03日(火曜日)
→【mm"月"dd"日"("aaaa")"】
→式=TEXT(G80,"mm月dd日(aaaa)")
● 昭和四十五年→和暦漢字年
→【[DBNum1]ggge"年"】
→式=TEXT(G82,"[DBNum1]ggge年")
● 二月三日→和暦漢字年
→【[DBNum1]m"月"d"日"】
→式=TEXT(G83,"[DBNum1]m月d日")

●漢字数値

● 二三,四五〇円→ 漢字値(一二)
→【[DBNum1]#,##0"円"】
→式=TEXT(G86,"[DBNum1]#,##0円")
● 弐萬参阡四百伍拾円→ 漢字値(壱弐)
→【[DBNum2]G/標準"円"】
→式=TEXT(G87,"[DBNum2]G/標準円")
●2万3千4百5十円→ 漢字値(全角数字)
→【[DBNum3]G/標準"円"】
→式=TEXT(G88,"[DBNum3]G/標準円")

●その他

●1/100秒まで表示
→【h:mm:ss.00】
→式=TEXT(H115,"h:mm:ss.00")
●負の数に-を付ける
→【0;-0】
→式=TEXT(H115,"0;-0")
●【▲[>=1000]#,###,▼[<1000]###】
→千以上▲、千以下は▼を頭につける
→式=TEXT(H118,"[>=1000]▲#,###;[<1000]▼###")

●通貨記号・・・
表示形式→会計で「¥」が頭に付きます。

管理人のエクセルに関連する過去記事の紹介・・・FC2ブログより↓

リンク▲カテゴリー【エクセル】の関連記事・・・FC2ブログより

▲0724A▲↓

テーマ : ソフトウェア
ジャンル : コンピュータ

カレンダー
06 | 2009/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
ブログ内検索
▼翻訳ツール
▼AdMax1
最近の記事
リンク
▼電脳ショップ
▼電脳
[stmx] - ソーシャルマーケットプレイス
[stmx] - ソーシャルマーケットプレイス
[stmx] - ソーシャルマーケットプレイス
[stmx] - ソーシャルマーケットプレイス
月別アーカイブ
カテゴリー
▼Amazon
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
3819位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
436位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。