▼AdMax1


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

AutoCADの活用

▼1114▼↓

▼AutoCADの活用


AutoCADの利用法のまとめです。参考にしてください。↓



▼【AutoCAD】活用 (8)▼(0925_08)

1-1)エクセルで」AutoCAD作図↓
1-2)ディバイダ(分割)の応用↓
2-1)メジャー(計測)の応用↓
2-2)レイアウト画面の設定↓
3-1)ページ設定管理↓
3-2)ビューポートの設定管理↓




▼【AutoCAD】活用 (7)▼(0914_08)

1-1)オフセット/メジャー/ディバイダ操作↓
1-2)直線の線形計算↓
2-1)DXF変換でAutoCAD図面を作成↓
2-2)文字スタイル/画層設定↓
3-1)長さ変更/延長/トリム↓
3-2)コマンド/エイリアス↓




▼【AutoCAD】活用 (6)▼(0903_08)

1-1)開放トラバをAutoCADで作図↓
1-2)テキストウィンドウの利用↓
2-1)図面の移動/回転/尺度変更↓
2-2)寸法図形のプロパティ↓
2-3)図面の情報のテキスト表示↓
3-1)エクセル座標一覧表↓
3-2)グリップ編集↓
4-1)右クリックメニューの利用↓
4-2)単位管理↓




▼【AutoCAD】活用 (5)▼(0903_08)

1)文字編集/文字ツールバー↓
2)プロパティ設定(文字)/ビューポート/ズーム↓
3)線分のプロパティ設定/線分の作図↓
4)過去のAutoCADブログのまとめ↓




▼【AutoCAD】活用 (4)▼(0903_08)

1)逆放射トラバース↓
2)【位置指定】の設定↓
3)【UCS/ユーザー座標】↓




▼【AutoCAD】活用 (3)▼(0903_08)

1)AutoCADの画面説明↓
2)作図窓の背景色変更↓
3)【直行モード/スナップ】の設定↓




▼【AutoCAD】活用 (2)▼(0903_08)

1)寸法図形の編集↓
2)【線種尺度】↓
3)【UCS/ユーザー座標】↓




▼【AutoCAD】活用 (1)▼(0903_08)

1)プロパティ設定(文字)↓
2)ビューポート/ズーム↓



▲1114▲↓
スポンサーサイト

テーマ : ソフトウェア
ジャンル : コンピュータ

ショートカットキーの利用

▼1109▼


ショートカットキーの利用


▼【ショートカットキー】は、便利です。利用頻度の高いものは覚えておくと作業のスピードをアップすることができます。例えば、右クリックやメニューバーの選択後にメニューコマンドを指定するのには、複数回のクリックが必要です。SCキーなら、1回のキー操作で作業ができるので、少なくとも2倍以上の速さでの編集作業が可能です。SCキーは、他のソフトやインターネット上の操作でも共通に利用できるものも多く、汎用的に有効利用ができます。↓

ショートカットキー集

基本操作
1)「Ctrl」+「C」→選択範囲をコピーする。↓
2)「Ctrl」+「X」→選択範囲を切り取る。↓
3)「Ctrl」+「V」→コピー/切り取りの範囲を貼り付ける。↓
▲このSCキーは、使用頻度が高く多くのソフトやIE(ブラウザ)でも共通に利用できます。メモ帳(HTML編集時)やエクセルのように、ドラグ&ドロップ編集が利用できない場合には、大変役に立ちます。キー配置も左下に並んでいるので、覚えやすいと思います。例えば、連続して同じデーターを貼り付ける時には、マウスの右手のLクリックで位置を指定し、左手で貼り付けキー(Ctrl+V)を押すと速い操作ができます。↓

1)「Ctrl」+「S」→保存↓
2)「Ctrl」+「P」→印刷する。↓
3)「Ctrl」+「A」→全ての(セル/データ)選択↓
4)「Ctrl」+「Z」→操作の取り消し ↓
5)「Ctrl」+「F」→データの検索↓
6)「Ctrl」+「H」→データの置換↓
7)「Ctrl」+「B」→選択文字を太字にする。↓
8)「Delete」→選択範囲のクリア↓ 

選択セルの移動

1)「Ctrl」+「矢印キー」→表の端まで、矢印の方向に移動する。↓
2)「Ctrl」+「Home」→A1セルへ戻る。画面の左上隅に移動する。↓
3)「Ctrl」+「End」→表(画面)の右下隅に移動する。↓
4)「PageUP」    →一画面上へ移動する。 ↓
5)「PageDown」   →一画面下へ移動する。 ↓
▲大きな表を作成した場合、スクロールバーやマウスホイールを何度も操作したり、表の最終行(列)に移動するのに時間がかかったりします。Ctrl+Endキーの操作なら一発で、表の右下へジャンプできます。このように、移動キーを覚えておくと、セル移動がスムーズに効率よくできます。特に画面の狭いノートパソコンや、インターネットの縦に長いウェブページを閲覧や編集する場合、大変役に立ちます。↓

以上のように、SCキーを覚えておくことをオススメします。多くのキーは左側に、集まっているので、努めてSCキーを利用するように心がければ、直に覚えられると思います。移動キーの利用は、ウェブページ閲覧時の移動操作のイライラからも開放されると思います。多くのソフトのメニュバーのプルダウンニューの右横に「Ctrl+O」のように表示されていれば、表示様式のSCキーが利用できます。↓

▲1109▲↓

テーマ : 実用・役に立つ話
ジャンル : 趣味・実用

【桜】コブクロ


リンク▲楽器のオススメ商品へ/raku0125



リンク▲オススメ商品へ/amaz0125


▼1109▼↓
【桜】コブクロ



リンク▲【桜 コブクロ】の動画
(YouTubeより)↓
▲リンク切れの場合は【桜 コブクロ】内の文字を検索欄へコピー&ペーストしてください。


リンク▲【桜 コブクロ】の歌詞とギターコード
(J-Total Musicより)↓

▼無料歌詞検索(コード譜とダイヤグラムを表示!)-J-Total Music↓
▲【コ】行のアーティスト検索記事へ→【コブクロ】の選択→リンク

▼ギターやピアノのコード表サイトを紹介します。PDF形式のDLもできます。↓


リンク▲ピアノのコード表



リンク▲ギターのコード表


▲1109▲↓

テーマ : 音楽
ジャンル : 音楽

ビートルズの歌詞の和訳サイト

▼1109▼Ym↓

ビートルズの歌詞の和訳サイト


▼【ビートルズ】の作品の歌詞の和訳を調べたい人は、次のサイトで閲覧可能です。曲の歌詞の内容を知ることは、彼らの音楽活動を理解する上で重要なポイントだと思います。そこで、歌詞の和訳が閲覧できるサイトを次に紹介します。皆さんも、ご利用ください。▼↓

▼THE BEATLES LYRICS/【今週のビートルズ】/ 訳詩集●↓

リンク▲【今週のビートルズ】


▼【ザ・ビートルズ作品の歌集】/ 訳詩集●↓

リンク▲【ザ・ビートルズ作品の歌集】


▼【The Beatles Discography & Lyric Translation】/ザ・ビートルズ訳詩集●↓

リンク▲【ザ・ビートルズ訳詩集】


▼【ザ・ビートルズ全曲集】/ 訳詩集●↓

リンク▲【全曲集】


▲1109▲Ym↓

テーマ : 音楽
ジャンル : 音楽

ビートルズ【Let It Be】

▼1109▼洋楽<marquee behavior="alternate">●画像</marquee>
▲上記画像は、<marquee>タグで動かしています。↓


ビートルズ/Let It Be/洋楽検索


ビートルズの【Let It Be】を楽しもう

リンク▲動画の【Let It Be】 ・・・The Beatles/You Tubeより↓

リンク▲ウクレレ演奏の【Let It Be】 ・・・The Beatles/Ukulele Beatles Fun!↓


▼【Let It Be】 のギターコード/タブの検索ができます。↓

リンク▲【E-CHORDS】のビートルズ曲検索

リンク▲【E-CHORDS】のビートルズ一覧表検索

▲・・・キーボードコードやベースタブなども上のタブで表示できます。コードにカーソルを重ねるとダイアグラム(コードの押さえ方)が表示されます。一番オススメのサイトです。↓

リンク▲ビートルズについての検索ができるサイト・・・【音楽をたのしもう】↓

▼ギターやピアノのコード表サイトを紹介します。PDF形式のDLもできます。↓

リンク▲ピアノのコード表

リンク▲ギターのコード表

▲1109▲↓

テーマ : 音楽
ジャンル : 音楽

カレンダー
10 | 2008/11 | 12
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
ブログ内検索
▼翻訳ツール
▼AdMax1
最近の記事
リンク
▼電脳ショップ
▼電脳
[stmx] - ソーシャルマーケットプレイス
[stmx] - ソーシャルマーケットプレイス
[stmx] - ソーシャルマーケットプレイス
[stmx] - ソーシャルマーケットプレイス
月別アーカイブ
カテゴリー
▼Amazon
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
2850位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
334位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。