▼AdMax1


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コンテンツの活用(3)/iGoogle

▼1229A▼…Bg/s.x1(散歩)↓

コンテンツの活用(3)/iGoogle

画像(1)▼画像のクリックで拡大できます。↓


「iGoogle」コンテンツの活用(3)…iGoogleコンテンツの 1)定番サイト/ 2)Picasaウェブアルバム/ 3)Googleツール/ 4)goo辞書の表示例の紹介↓

今回紹介する「iGoogle」のコンテンツ
●【定番サイト】コンテンツ…利用頻度の高い定番ソフトのリンクボタン集です。動画、2ちゃんねる、ブログ、地図、メール、質問&回答サイト、グルメ、レシピ、各プロバイダーサイトなどのリンクボタンが利用でき、クリックで各サイトへリンクできます。A)コンテンツ設定ボタン▼→「設定を編集」メニューボタン→表示サイト数の設定、ボタンを詰めて表示する表示形式の設定ができます。↓

●【Picasaウェブアルバム】コンテンツ…コンテンツでアルバムの閲覧ができます。【Picasaウェブアルバム】のタイトルのクリックでアルバムのページへリンクでき、ウェブ上のサーバーに写真や画像の保存/公開設定/スライドショーなどに操作ができます。次の記事も参考にしてください。↓
リンク▲Picasaウェブアルバムの利用(2)/Google
リンク▲Picasaウェブアルバムの利用/Google

●【Googleツール】コンテンツ…コンテンツでGoogleサービスのツールボタンと簡易説明の表示ができます。「IE」や「Firefox」ブラウザでは、専用のツールバーのダウンロードができますが、「Opera」、「スレイプニル」、「GoogleChrome」では利用できないので【Googleツール】コンテンツが便利です。(+)ボタンでツール表示数や表示ツールの種類の指定設定ができます。【Googleツール】タイトルのクリックでGoogleサービスの一覧のページへリンクできます。↓

●【Goo辞書】コンテンツ…コンテンツでGoo辞書でのキーワード入力索検ができます。【Goo辞書】タイトルのクリックでgoo辞書検索サービスのページへリンクできます。↓

「iGoogle」について
●今回は、私が実際に利用している「iGoogle」の各種コンテンツを紹介します。投稿画像に簡単な説明を加えました。次のページも参考にしてください。↓
リンク▲「iGoogle」のヘルプ…「Google」サイトより

…(引用)…「iGoogle」 はカスタマイズ可能なホームページです↓
「iGoogle」を使用すると、自分専用の(パーソナルな)ホームページを作成できます。ページの上部には Google 検索ボックスが表示され、その下にはさまざまなコンテンツ(ガジェット)を好きなだけ配置できます。ガジェットはさまざまな形式で提供され、iGoogle ページから移動することなく、ウェブ上のアクティビティや情報にアクセスできます。コンテンツ(ガジェット)では次のようなことができます。↓
1)Gmail の新着メールを表示する↓
2)Google ニュースや他の主要なニュース提供元のヘッドラインを読む↓
3)天気予報、株価、映画の開始時間を調べる↓
4)使用するコンピュータを選ばずにお気に入りのサイトにアクセスできるよう、ブックマークを保存する↓
5)オリジナルのガジェットを作成する↓
…上記のリンクの「iGoogle」のヘルプサイトページより引用↓

※但し、「iGoogle」やGoogleの各種ウェブサービスを利用にはアカウント(ユーザーIDとパスワード)でのログインの必要があるので登録すると便利です。↓

●「コンテンツを追加」ボタンで、コンテンツの追加や削除ができる画面へアクセスできます。↓
※各コンテンツはタイトル右の▼(三角)ボタンのリストメニューから開いたり/閉じたり(拡大表示/最小表示のメニュー)できるので、使わないときは折りたたんでおくと全体が見やすく利用しやすいと思います。↓

●コンテンツ設定ボタン▼のクリック→リスト表示からメニューの選択ができます。↓
1)コンテンツの設定を編集→タイトル/表示様式の設定変更ができます。↓
2)ガジェット(コンテンツ)を削除できます。↓
3)ガジェットを拡大表示/最小表示(開く/閉じる)できます。→利用時に開く/利用後に閉じることができます↓
4)ガジェットの共有→メールアドレスで共有者を指定できます。↓
5)オススメの関連ガジェットの追加ページの表示ができます。↓
6)ガジェットについて→説明のページ表示ができます。↓

●各「コンテンツ」はドラグ移動できるので、自由な位置に配置できます。↓

関連ブログとホームページ記事の紹介
リンク▲「★グーグル活用★」…NINJAホームページ「黒の忍者」より
リンク▲ラベル【グーグル】のグループ記事…「ひろくんのグーグル散歩」より

●「Google」関連個別記事↓

リンク▲コンテンツの活用(2)/iGoogle
リンク▲コンテンツの活用(1)/iGoogle
リンク▲グーグル検索(1)結果画面/Google
リンク▲グーグルの活用(1)/Google…各種ウェブサービスについて
リンク▲ブログ(Blogger)の編集画面(3)/Google
リンク▲ブログ(Blogger)の作成(2)/Google
リンク▲ブログ(Blogger)の作成(1)/Google
リンク▲Googleの検索画面
リンク▲Googleデスクトップ
リンク▲Picasaウェブアルバムの利用(2)/Google
リンク▲Picasaウェブアルバムの利用/Google
リンク▲翻訳機能の活用/Google
リンク▲Googleのトップページ
リンク▲Googleブックマークのウェブ上保存
リンク▲グーグルで検索
リンク▲ウェブ上で「お気に入り」を共有
リンク▲画像の表示/(Picasa)グーグル
リンク▲Googleガジェットの活用
リンク▲グーグル【サイト】でホームページ作成(実例)
リンク▲グーグルでホームページ作成(3)
リンク▲グーグルでホームページ作成(2)
リンク▲Chromeは画像が美しい?(1)
リンク▲ドキュメント/ノートブックの公開(1)Google
リンク▲GoogleDocs文書編集(3)日本語版
リンク▲ノートブックのツールバー(2)Google
リンク▲グーグル検索の活用(1)Google
リンク▲Googleドキュメントでプレゼン編集(2)日本語版
リンク▲iGoogleサイトの利用(1)Google
リンク▲グーグルでホームページ作成(1)Google
リンク▲Google Chrome(2)ブラウザ
リンク▲【Google】の活用(1)

▲1229A▲↓
スポンサーサイト

テーマ : ネットワーク
ジャンル : コンピュータ

Impress/プレゼンテーション(1)

オススメ商品の紹介です。どうぞ、ご来店ください。↓
リンク▲オススメ商品の紹介・・家電/ファッション/母の日/トラベル(楽天am_shop_416a_F2)
リンク▲オススメ商品の紹介・・家電/ホーム/ヘルス/飲料(アマゾンam_shop_416a_F2)

▼0703A▼

Impress/プレゼンテーション(1)

画像(1)BgS.x1▼クリックで画像の拡大ができます。(BgS.x1)↓


オープンオフィス(OpenOffice.org)の【Impress】(プレゼンテーションソフト)活用(1)について
●オープンオフィスは、エクセル、ワード、パワーポイント(2003形式)の文書を閲覧や編集できるフリーソフトで、マイクロソフトオフィス2003以前のバージョンと互換性があります。今回は、MsOfficeの「PowerPoint」(2003形式で拡張子が.ppt)のデータをOpen office.org 「Impress」 で開いた場合の実例を紹介します。ほぼ正常に互換性がありますが、一部修正が必要な場合もあります。テキスト、表、グラフ、画像などが変換後のスライド表示に反映されますが、表の文字位置がずれてしまう場合がありました。「Impress」 を利用すると、パワーポイントがインストールされていないPCでのプレゼンテーションソフトの利用が可能になります。但し、公開前に「Impress」 で正常にスライドが表示されるかどうか確認してみることが必要です。↓
また、オープンオフィス・ポータブルであれば、ソフトごとUSBメモリーに入れて持ち運ぶこともできます。↓

参考サイトの紹介
●「OpenOffice.org」についての概要について閲覧できます。↓
リンク(1)▲OpenOffice.orgについて・・・ Wikipediaより
●「OpenOffice.org」は、次のサイトからダウンロードできます。↓
リンク▲OpenOffice.org 3.1.0日本語版のダウンロード・・・日本語プロジェクト
●「オープンオフィス・ポータブル」に関するサイトです。↓
リンク▲OpenOffice.org Portable(オープンオフィス ドット オルグ ポータブル)・・・FreeSoft100より
●Open office.org 「Impress」 の使い方の音声解説付の動画マニュアルです。 ↓
リンク▲Open office.org の使い方 「Impress」の テンプレート編
●「OpenOffice.org」v3の基本操作と特長を解説(PDF形式)と「オープンオフィス3入門ガイド」で使用されているサンプルファイルのダウンロードができます。↓
リンク▲「オープンオフィス3入門ガイド」と「オープンオフィス3入門ガイド サンプルファイル」のダウンロード・・・窓の杜より

●参考記事の紹介・・・Googleブログの過去の投稿記事↓
リンク▲Googleブログのラベル 【Open Office 】の投稿記事を表示・・・Googleブログ(BgS.x1)より↓
マイクロソフトオフィス2007と互換性はありませんが、オフィス2007側で2003形式の保存をすることでオープンオフィスでも利用できます。↓
リンク▲Office2007のデーターを2003形式に変換・・・Googleブログ(BgK.x2)より↓

▲0703A▲↓

テーマ : ソフトウェア
ジャンル : コンピュータ

USBメモリで携帯できるオフィス

▼0322A▼Calc↓

USBメモリで携帯できるオフィス


【Open Office.org Portable】をUSBメモリーで持ち歩く

●【Open Office.org Portable】(オープンオフィス ポータブル)は、オフィスソフトをUSBメモリーに入れて持ち運ぶことができます。この携帯オフィスソフト(ポータブルオフィスソフト)は、USBメモリーにインストールできるので、オフィスソフトがインストールされていないパソコンでもWord(ワード)、Excel(エクセル)やPowerPoint(パワーポイント)などの閲覧・編集をすることが可能です。オープンオフィスでは、MSオフィスの※1)ワード→ライター(ワープロ)、※2)エクセル→カルク(表計算)、※3)パワーポイント→インプレス(プレゼンテーション)のように、互換性のある同様のソフトが起動できます。また、PDFファイルへの出力保存機能(エクスポート機能)もあります。↓
●現在は、【Open Office.org Portable】の日本語版の新バージョン3.0.1がダウンロードできます。↓

オープンオフィス ポータブル 日本語版 3.0.1のDL
●次のサイトは、英字のウェブサイトですが、【Japanese/日本語/3.0.1】の【Download】ボタンのクリックでインストーラーをダウンロードできます。インストール先をUSBメモリーに指定してインストールします。↓

リンク▲【Japanese/日本語/3.0.1】のダウンロードページ


●【フーソフト100】>>無料ポータブルオフィスソフトのページでDLやソフトの概要が説明されているので参考にしてください。DLサイトへのアクセスもできます。↓

リンク▲【無料ポータブルオフィスソフト】


▲0322A▲↓

テーマ : ソフトウェア
ジャンル : コンピュータ

Open Officeの入門ガイド

▼0213A▼Calc↓

Open Officeの入門ガイド


【Open Office】3入門ガイドの紹介

次のサイトで【Open Office】3のマニュアルが閲覧できます。また、PDF形式データーとして一括してダウンロードすることも可能です。入門ガイドとしては最適なので、皆さんに紹介します。参考にしてください。↓


リンク▲【Open Office】3入門ガイド


入門ガイドの内容

使い始める準備↓
デスクトップPCの基本操作をおさらいする↓
OpenOffice.orgの基本操作↓
Writer:OpenOffice.orgのワープロ機能↓
Writer:効率よく文書を作る↓
Calc:OpenOffice.orgの表計算機能↓
Calc:データを整理する↓
Impress:OpenOffice.orgのプレゼンテーション機能↓
Draw:OpenOffice.orgの作図機能↓
OpenOffice.orgをカスタマイズする↓

関連過去【ブログ】の紹介
次のリンンクで、管理人の過去【ブログ】より、ラベル(カテゴリー)【Open Office】の内容を表示できます。参考にしてください。↓

リンク▲ラベル【Open Office】について
・・・管理人の過去【ブログ】より↓

▲0213A▲↓

テーマ : ソフトウェア
ジャンル : コンピュータ

【Calc】と【Excel】の比較(1)Calc

▼0210A▼Calc↓

【Calc】と【Excel】の比較(1)Calc


【Calc】の相違点・・・(OpenOffice)↓
▼次の点は、【Calc】と【Excel】で操作が異なるので注意してください。 【Calc】を利用する場合、次の点に気をつければ、ほぼ他の操作は【Excel】と同様の操作が可能です。↓
1)【Alt+シート名タブクリック】でシート名の変更ができます。 シート名タブの【右クリックメニュー】でも可能です。↓
2)【Calc】では、範囲選択をした場合のアクティブセルが最終セル位置になります。 但し、次の操作で【Excel】と同様の範囲選択操作ができます。 ・・・右下から左上に範囲選択する。範囲選択後に【Enter】キーを押す。【Excel】では、範囲選択をした場合のアクティブセルが開始セル位置になります。↓
3)【Calc】では、【Delete】キーで【内容の削除】設定ダイアログボックスが表示され、削除する内容の条件設定ができます。 また、【Calc】では、【Back space】キーで「数値と値のクリア」ができます。↓
4)【Calc】での単一セルの選択は、【Shift+単一セルのクリック】で可能です。↓
5)セル内での改行は、【Ctrl+Enter】でできます。 ↓
6)数式バー内でのコピペは、【Ctrl+C】コピー、【Ctrl+V】貼り付け、【Ctrl+X】切り取り などで可能です。 ↓
7)関数の引数内の範囲指定の(:)は共通ですが、次の点が異なります。↓
●【Excel】の複数範囲指定のカンマ(,)→【Calc】セミコロン(;)
●【Excel】のシート名指定の(!)マーク→【Calc】ドット(.)
例 式=SUM(C3;シート名2.Q3:Q6)
例 式=IF(C3="";空白";"データ有り")
8)【Calc】で絶対参照番地への変更は、番地入力セルの【Shift+F4】で順次変化します。↓
9)データ変換する場合、【Excel】と【Calc】では、マクロの形式が異なるので、互換性がありません。↓
10)細かな図形やグラフ、一部の特殊なセルの書式設定は、表示状態が異なる場合があります。↓

【Calc】と【Excel】の共通操作・・・(OpenOffice)↓

▼次の点は、ほぼ同様の操作が可能です。↓
●列幅や行の高さの調整や挿入/削除などの列/行操作機能↓
1)列番号/行番号の選択→右クリックメニューで【列幅】設定ダイアログ表示↓
2)選択列(行)番号の枠線カーソル(⇔)のドラッグやダブルクリックでの列幅変更↓
3)選択行(列)の右クリックメニューでの列(行)の挿入や削除、表示する(表示しない)↓
●セル選択後の右クリックメニューの【セルの書式設定】↓
●【Calc】では、図形やグラフ機能も利用できます。但し、一部の特殊な設定は、互換性がありません。↓
両端揃え/均等割付/縮小して全体を表示するなどの【書式設定】は反映できません。↓
中抜き/影付き文字や影付きの枠/図形などは、反映できません。↓
●多くの関数は、ほぼ同様に利用できます。但し、JIS()、ASC(),PHONETIC()などの関数は利用できません。 ↓
●セルのフィルハンドル(+形ポインタ)による連続データの作成 ↓
●選択セルの右クリックメニューでの【セルの挿入/削除】↓
●セルの結合/解除 ↓
●形式を選択して貼り付け↓
●ウィンドウの分割と固定や改ページ設定機能↓
●検索/置換機能やコメントの設定(ノートの挿入)↓
●条件付き書式設定↓
●オートSumや関数ウィザード、関数の編集などの多くの同様のツールボタン↓

関連過去【ブログ】の紹介
次のリンンクで、管理人の過去【ブログ】より、ラベル(カテゴリー)【Open Office】の内容を表示できます。参考にしてください。↓

1)リンク▲ラベル【Open Office】について
・・・管理人の過去【ブログ】より↓

▲0210A▲↓

テーマ : ソフトウェア
ジャンル : コンピュータ

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索
▼翻訳ツール
▼AdMax1
最近の記事
リンク
▼電脳ショップ
▼電脳
[stmx] - ソーシャルマーケットプレイス
[stmx] - ソーシャルマーケットプレイス
[stmx] - ソーシャルマーケットプレイス
[stmx] - ソーシャルマーケットプレイス
月別アーカイブ
カテゴリー
▼Amazon
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
4071位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
453位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。