▼AdMax1


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

USBメモリの活用法

▼0622A▼

USBメモリの活用法

画像(1)Bgkx2▼クリックで画像の拡大ができます。↓


USBメモリの活用法

最近、USBメモリーが安価で容量も大きくなり、利用している人も多いと思います。今回は、USBメモリを活用するために次のような方法を紹介します。↓

●「USBメモリー」内へ投稿画像のようなファイルを保存すれば、次のような機能が可能になります。↓
1)アイコンをUSBメモリー用(任意のアイコン)に変更する。↓
2)ダブルクリックでUSBメモリーの「安全な停止」(メモリの取り外し)をする。・・・「UnplugDrive Portable」フリーソフト↓
3)ランチャーから、USBメモリ内のソフト(またはファイル)を素早く起動する。・・・「あやめ」フリーソフト↓

【ランチャー】とは、あらかじめ登録しておいたファイルやプログラムをアイコンで一覧表示し、マウスクリックによって簡単に起動できるようにするアプリケーションソフトです。今回は、画面端(上下左右)をクリックして呼び出すメニュー型ランチャーの【あやめ】を紹介します。↓
リンク▲メニュー型ランチャー【あやめ】のダウンロードサイト・・・窓の杜より
リンク▲メニュー型ランチャー【あやめ】のダウンロードサイト・・・Vector

デスクトップ画面の上下左右いずれかの端にマウスカーソルを移動→【左クリック】でソフトのポップアップメニューを開くことのできるメニュー型ランチャーソフトです。ファイルやフォルダ、ホームページURLやメールアドレスなどを階層型のメニューに登録でき、メニューをクリックすることで登録したファイルを開いたり、ホームページをWebブラウザーで表示したり、メール作成画面を開くことができます。ランチャー設定用のメニューはデスクトップの端を【右クリック】することで現れ、ここからファイルなどの登録や動作の設定ができます。↓

●USBメモリで利用する場合は、次の設定をしてください。↓
1)タスクトレイに常駐するトレイアイコンの右クリックでメニュー →【オプション設定】→表示された設定画面の【アイテム】タブ→「相対パスで管理する」のチェック(ON)→「OK」ボタン・・・以上の手順で【相対パス】で管理できる設定にします。↓
2)常駐アイコンの左クリックで表示される「Ayame」の設定画面で、「起動時自動実行」「終了時自動実行」はチェックを外します(OFF)。↓
3)「Ayame」の設定画面の【デフォルト】ボタンをクリック→「ソフトの登録」画面→ソフトの実行ファイル(拡張子.exe)をドラグandドロップすることで起動ソフトの登録ができます。ツールバーの「変更の保存」ボタン、または、画面を閉じる時に表示される「変更の保存」ボタンを押すことで登録が完了します。↓

リンク▲【あやめ】のUSBメモリーでの設置方法が確認できます。・・・お得WEBより

オートランファイルの設定
●オートランファイル(autorun.inf)は、ファイルやソフトを自動実行するための設定ファイルです。このファイルは、「メモ帳」ソフトで編集できます。↓

●「AutoRun」(オートラン)ファイルは次のようになります。↓
1)アイコンをUSBメモリー用に変更する。・・・「USB FlashMemory ClipDrive Green.ico」(アイコンのファイル名)の部分を書き換え指定すれば、他のアイコンでも利用可能です。↓
[AutoRun]↓
icon=USB FlashMemory ClipDrive Green.ico↓

2)ダブルクリックでUSBメモリーの「安全な停止」をする。・・・「UnplugDrive Portable」↓
shell=open↓
shell\UnplugDrive\command=UnplugDrive.exe↓
shell\UnplugDrive=記憶デバイスの安全な停止↓

3)ランチャーからソフトを起動する。・・・「あやめ」↓
open=Ayame.exe↓
action=ランチャーを起動する↓

●これらを、まとめると次のような「AutoRun」ファイルになります。私の場合、この内容で正常に動作しています。※▼▲の間のテキストです。↓

[AutoRun]
icon=USB FlashMemory ClipDrive Green.ico
;icon=アイコンファイル.ico
shell=open
shell\UnplugDrive\command=UnplugDrive.exe
shell\UnplugDrive=記憶デバイスの安全な停止
open=Ayame.exe
action=ランチャーを起動する


参考サイトの紹介
リンク▲USBメモリー活用で快適!パソコン生活・・・Freesoft100より
リンク▲「UnplugDrivePortable」の説明とダウンロード

【あやめ】について・・・追加説明↓
●場所を取らない、極小サイズのメニュー型ランチャです。画面の端(上下左右)にある幅1ピクセルのバーをクリックするとメニューが現れます。↓
「あやめ」は、アプリケーションの起動やファイルのオープンをすばやく行える、プログラム/ファイル両対応のランチャです。最大の特徴は、アクションのトリガーとなるバーのサイズが極端に小さいことで、画面の端にある幅1ピクセルのバーをクリックするとポップアップメニューが表示され、開くアイテムを選択できます。↓

●起動するとタスクトレイに常駐し、トレイアイコンの右クリックでメニューを、左クリックでは直接、ランチャの設定画面を呼び出せます(初期設定)。ランチャ設定画面は、グループを管理する「ツリービュー」と、項目が並ぶ「アイテムのリスト」から構成されていて、登録アイテムは、グループやサブグループにより階層的に整理できます。↓

●初期状態では「デフォルト」のグループのほかに、「起動時自動実行」「終了時自動実行」の二つのバッチファイルが登録されています。「自動実行」にアイテムを登録しておくと、「あやめ」の起動時/終了時に自動で処理が行われます。↓

●そのほかにも、「アイテムのパス管理方法(相対パス/絶対パス)の指定」「ボスキラー」「拡張メニューの表示」などを設定することが可能です。「ボスキラー」では、画面を見られたくないときなどに、あらかじめ指定したJPEG/BMP画像を瞬間的に表示できます。↓

▲0622A▲↓
スポンサーサイト

テーマ : ソフトウェア
ジャンル : コンピュータ

ノートパッドの活用

▼0214A▼ノートパッド↓

ノートパッドの活用


【メモ帳】(ノートパッド)の活用紹介

●メモ帳/NotePad(略NPad)の活用↓

1)Notepad(メモ帳)は簡単な文書を作成するための【テキストエディタ】です。テキストファイル形式 (.txt) の表示と編集ができますが、【Webページ作成のHTMLタグの編集ツール】としても利用できます。また、文字化けの防止を考えるとノートパッドのようなシンプルなソフトのほうが便利です。また、起動や操作スピードが速く、テキスト作成作業が効率的にできます。↓

2)名前付保存の時に、拡張子を「.html」に変えることでHTML形式のファイルの作成ができます。また、「.css」に変えるとスタイルシートとしても利用できます。さらに、測量関係では「.sim」でSimaファイルの座標データファイルを作成できます。また、これらのファイルを【右クリック】リスト→ノートパッドで開くと編集が可能です。↓

3)ノートパッド(テキスト形式)はシンプルですが、文字データの基本でありその応用範囲は広く、意外と便利なソフトです。もちろん、どんなPCでも起動できまので、、このノートパッドの活用について考えてみした。

ノートパッドの操作

●Ctrl+(ショートカットkey)での操作

▼Excel/Ward/CAD/OpenOfficeなどの多くのソフトで共通な操作方法なので、積極的に利用するとスピーディな作業ができます。↓
●Ctrl+(C)複写/ (X)切り取り/ (V)貼付 / (F)検索↓
●Ctrl+(N)新規作成/ (O)ファイルを開く/(S)上書保存 / (P)印刷/ (A)全て選択↓
●Ctrl+Home(End)文書の先頭(最後尾)行にカーソル移動します。↓

▼次のキー操作も便利です。↓
●Home⇔End 行の先頭⇔最後尾に移動する。↓
●PageUp(PgUp)↑↓PageDown(PgDn) 一画面上(下)へ移動↓
●Delete 範囲指定して削除↓

●ウィンドウのサイズに合わせて行を折り返す→HTMLでウェブ上の画面上の折り返しでHTML上では、<br>が必要です。↓
●ヘッダー/フッターの作成↓
(F)→【ページ設定】→[ヘッダー] /[フッター] ボックス入力↓
1)【&f】→ファイル名挿入(ファイル名が付いていない場合→無題)↓
2)【&d】→日付を挿入↓
3)【&t】→時刻を挿入↓
4)【&p】ページ番号を挿入 ↓
5)【&&】アンパサンド (&) を挿入↓
6)【&l/&c/&r】左寄せ/中央揃え/右寄せを指定↓
文字と記号の組合わせ→文字列を結合→「Page &p」→Page 1から印刷 ↓

●文字列を検索→置換↓
(E)→[置換]→[検索する文字列]→検索文字の入力↓
(置換文字列の入力)↓
●全ての文字列を置換→[すべて置換] をクリック↓

拡張子の説明や、その変更方法は次のサイトを参考にしてください。

▼(1)拡張子辞典↓

リンク▲サイト(1)へ


▼(2)データ入力基礎講座について↓

リンク▲サイト(2)へ


▼(3)拡張子の説明↓

リンク▲【拡張子】サイト(3)へ


▼(4)次のサイト「ファイルの種類を判別する」では,
【拡張子】の表示設定/関連付け/種類が解りやすく説明されていいます。↓

リンク▲【拡張子】サイト(4)へ


▲2014A▲↓

テーマ : ソフトウェア
ジャンル : コンピュータ

画像データの取得ソフト(改1)

▼0129A▼Ha改0118↓

画像データの取得ソフト(改1)


【ClipDesk】は、簡単な操作で画面全体から子ウインドウまで取り込めるスクリーンキャプチャーツールです。デスクトップのイメージ(画像)を取り込み、クリップボードへのコピー、保存、印刷を行うことができます。JPEG形式、PNG形式、GIF形式での画像データ保存も可能です。↓
【ClipDesk】は、次のリンクページでダウンロードできます。↓

リンク▲【ClipDesk】のDLサイト・・・【Vector】より


リンク▲【ClipDesk】のDLサイト・・・【K本的に無料ソフト】より


PNG・GIF形式画像データはデータサイズが小さいので、ブログで公開するときには便利です。ウェブ上の保存データとして投稿する場合、軽く効率的に有効利用できます。但し、写真の場合は、JPEGかPNG形式、図形(エクセル/絵/図など)データには、GIF形式の利用をお勧めします。↓

【ClipDesk】の活用法
▼【ClipDesk】スクリーンキャプチャーツールを使用すると、例えば、次のような利用方法が考えられます。↓
1)ワードやエクセルなどのソフト(CAD/画像や図形編集/写真編集など)で作成した文書をカメラのように画像データで保存し、ブログで公開することもできます。↓

2)エクセルのメニュー【挿入】→【図】→【ファイルから】で、画像データ形式ファイルをエクセル文書に貼り付けて、【画像描画ツール】を利用して、画像を編集することができます。本ブログの投稿画像の多くは、エクセルで作成したものをスクリーンキャプチャーしたものです。任意の画像範囲をキャプチャ-して保存できるので、オリジナルなにぎやかな写真や図形の掲載も可能です。図形の拡大/縮小や移動もドラッグ操作で簡単に行えます。↓
参考・・・エクセル上で縮小した画像データは、ペイントなどで画像サイズを変更する場合より、鮮明な画像状態でサイズ変更できます。↓

3)ウェブサイトの画像から必要な部分をキャプチャ-できます。但し、著作権上の問題もあるので注意してください。↓

4)CADの編集画面上の画像をキャプチャ-して、エクセル、ワードなどの文書に【挿入】できます。画像サイズもドラッグで間単に変更できます。線の太さや破線などの設定もそのままキャプチャ-できるので便利です。相手にCADソフトがインストールされていなくても画像データとして表示できるので、簡単な図面であれば共有して閲覧できます。↓

アイデアしだいで、とても便利なソフトなので、皆さんも活用してみてください。↓

▲0129A▲↓

テーマ : ソフトウェア
ジャンル : コンピュータ

顔文字ツール フリーソフト

▼0116A▼↓

顔文字ツール フリーソフト


▼シンプルでありながら高性能な顔文字入力支援ソフトを紹介します。↓

リンク▲【顔文字ツール】のダウンロードサイト


(▼)ボタンで顔文字をリストから選択して、貼り付けることができます。シンプルなソフト画面ですが、カテゴリ別に探したり、右クリックメニューで顔文字編集機能など各種機能も利用できます。基本的にメモ帳ソフト(テキストファイル)で編集したり、保存したりできるので、操作も分かりやすいと思います。なんと、約3800種類の顔文字を登録してあるそうなので、皆さんのお気に入りの顔文字を探してみてください。↓

HTMLタグの<>~</marquee>を利用すると、ブログ上でも文字の移動ができます。(但し、ブログサイトやブラウザで表示できない場合もあります。)

(o⌒∇⌒o) ケラケラ(o⌒∇⌒o) ケラケラ


( ̄▽ ̄;)!!ガーン( ̄▽ ̄;)!!ガーン

▲0116A▲↓

テーマ : フリーソフト
ジャンル : コンピュータ

GioLine 測量計算フリーソフト

▼1011A▼autoCAD/gioline


【GioLine】測量計算フリーソフト



▼下記のリンクは、測量ソフト【GioLine】(旧 Gioplan)の関連サイトです。↓


リンク▲フリーの測量ソフト【GioLine】のダウンロードサイト
・・・【GioLook】より↓

リンク▲【GioLine】の紹介ページ
・・・【GioLook】より↓

リンク▲【GioLine】のDLページ
・・・【Vector】より↓

【GioLine】の概要

1)【GioLine】は、【Jw_cad】と座標点・結線等の図面データ連携が可能な、使いやすい測量ソフトです。また、DXFデータ変換で、【AutoCAD】や【AR_CAD】などのCADソフトで図面データを開くことができます。↓

2)30種以上の座標計算プログラム機能があります。↓

3)多彩な座標入力方法で簡単に計算データを入力できます。座標データについては、コピペ入力も可能です。入力した座標値は、【座標簿】に記録され、エクセル、CSV、Simaなどの座標データとして利用可能です。↓

4)計算結果(入力→出力)は全て【記録簿】(テキストエディター)に自動記録され、エクセルやワードでの座標データ/表示結果テキストの転用や、印刷が可能です。↓

5)DXF(CADソフトの図面データ),SIAM(テキスト形式),CSV(エクセル形式),APA(測量通信),Excel(表計算),JWW(CAD)に対応(読み込み/書き出し)しています。つまり、CAD等とのデータ共有も簡単です。↓

6)簡易CAD機能もあり、指定縮尺で座標点(座標名/座標値)を図面に印刷できます。

▲0111A▲↓

テーマ : フリーソフト
ジャンル : コンピュータ

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索
▼翻訳ツール
▼AdMax1
最近の記事
リンク
▼電脳ショップ
▼電脳
[stmx] - ソーシャルマーケットプレイス
[stmx] - ソーシャルマーケットプレイス
[stmx] - ソーシャルマーケットプレイス
[stmx] - ソーシャルマーケットプレイス
月別アーカイブ
カテゴリー
▼Amazon
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
3452位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
405位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。